神奈川県の公立中高一貫校 「追試」を初実施 感染者ら対象

2022年1月28日 07時09分
 神奈川県教育委員会などは二十七日、二月三日に実施する県立、横浜市立、川崎市立の中高一貫校の適性検査(入試)に、新型コロナウイルスに感染したか濃厚接触者になって参加できない児童のために、同二十三日に「特例による検査」を初めて実施すると発表した。
 対象校は、県立の相模原中等と平塚中等、横浜市立の横浜サイエンスフロンティア高校付属と南高校付属、川崎市立川崎高校付属の計五校。感染者や濃厚接触者は、二月三日午後一〜三時に「特例による検査」の受験希望を志願先に伝え、同十六日に受験申請書を提出する。申請書には所属する小学校の校長印が必要。
 「特例による検査」は、県立総合教育センター(藤沢市善行)で一括して実施する。合格発表は同二十八日。(志村彰太)

関連キーワード


おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧