<新型コロナ>神奈川県で6469人の新規感染 学校、病院、高齢者施設などでクラスター続々

2022年1月28日 19時25分
 神奈川県内で28日、新型コロナウイルスに感染した男女3人の死亡と、新たに過去最多となる6469人の感染が判明した。県と6市の保健当局が発表した。
 横浜市は90代女性の死亡を発表。4日に発熱し、7日に陽性判明。23日に亡くなった。基礎疾患はなく、ワクチンは未接種だった。新規感染は2378人。ワシン坂病院(中区)、西横浜国際総合病院(戸塚区)、小規模多機能施設、高齢者グループホーム、障害者通所施設、幼稚園、市立特別支援学校でクラスター(感染者集団)を認定した。
 川崎市は相模原市の60代男性の死亡を発表した。昨年11月から川崎市内の病院に入院しており、今月26日に発熱、陽性と判明。27日に死亡した。新規感染は2091人で2日連続の最多更新。市内の保育施設、市立小、高齢者施設2カ所の計4カ所で計6~22人のクラスターを認定した。クラスターが発生していた宮前区の老人保健施設で入居者7人が陽性となり、感染者は計17人となった。
 県は、クラスターが発生している厚木保健福祉事務所管内の介護老人保健施設(老健)入所者の70代女性が死亡したと発表。ワクチン2回接種済みで、循環器系の基礎疾患があった。感染が判明した18日から施設内で療養していたが、呼吸状態が悪化して20日に転院していた。
 新規感染者は最多の949人。ともに平塚保健福祉事務所管内の大学運動部と老健、鎌倉保健福祉事務所管内の幼稚園で、それぞれ計27人、8人、5人のクラスターが発生した。また、人数は不明だが、小田原保健福祉事務所管内の高齢者福祉施設でもクラスターが発生した。厚木保健福祉事務所管内の民間保育園のクラスターは11人増えて35人になった。
 相模原市は395人の感染を発表。南区の特別養護老人ホーム、中央区の幼稚園と保育園でそれぞれ計11人、9人、6人のクラスターを認定した。
 横須賀市は230人。海上自衛隊の3つの部隊で計17人、7人、5人、病院で5人のクラスターを認定した。
 藤沢市は257人の感染を発表。障害者福祉事業所で計6人、幼稚園で8人のクラスターを認定した。
 茅ケ崎市は169人の感染を発表した。

おすすめ情報