<新型コロナ>神奈川県の「自主療養」 初日6時間で申請183件 黒岩知事「びっくりしている」

2022年1月29日 07時28分
黒岩祐治神奈川県知事

黒岩祐治神奈川県知事

 新型コロナウイルスの感染を、医療機関の検査や診断なしで判断して療養に入る「自主療養」の仕組みが県内で全国に先駆けて始まった二十八日、開始した午前九時から同日午後三時までに百八十三件の自主療養申請があったことを、黒岩祐治知事が明らかにした。
 知事は申請数について「びっくりしている」と受け止め「自主療養の仕組みがなければ、全て保健所の負担。申請があった分、保健所の負担が軽減されている」との認識を示した。
 自主療養は県のシステムを通じてオンラインで申請。個人情報を入力し、抗原検査キットなどの検査結果の写真を添付すると、「自主療養届」が発行される。食材などの配布はなく、療養は自己責任となる。知事は「病院で確定検査するのが面倒とか、保健所からの連絡が来なくて、煩わしく感じる人もいるのではないか」と分析した。(志村彰太)

関連キーワード


おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧