岸谷 香《東京 MY STORY》「プリプリなう」(千代田区/市ケ谷・後編)

2022年2月23日 09時55分

ミュージシャンの岸谷香さんが、東京の街と体験を重ねて綴ります。人生の大半を東京で過ごしてきた岸谷香さんが、それぞれの時代の東京の街模様を、自らの体験や大切な思い出と重ねて書き綴るエッセーです。リアルだからこその共感あふれる連載です。

第9回 千代田区/市ケ谷(後編)「プリプリなう」

 やっとの思いで車を駐車した私は、とりあえず市ケ谷駅に向かいましたが、タクシー乗り場は長蛇の列で、とてもタクシーに乗れる気がしなかったので、意を決して電車に乗る事にしました。娘が通学に使う路線だったので少し馴染みがあり、家までの乗り換えも分かっていましたし、とりあえず切符を買ってホームに降りました。電車に乗ると、車内は思ってたより混んでなくて、席に座る事ができました。『あ〜良かった。これで家に帰れる〜』とホッと胸を撫で下ろした瞬間、なんか異様な雰囲気を感じ、顔を上げて周りを見渡すと車両に居合わせた人達が全員こちらを見ている気がしました。乗客の皆さん、きっと先日の紅白歌合戦をご覧になっていたんでしょうね。しかも私、プリプリの紅白出演時の髪型のままで赤毛だったんです…そしてマイカー移動のつもりだったもんで、帽子もなければサングラス(普段あまり使いませんが)もなし。
多分、なんか赤い髪の派手なオバサンが乗ってきた…ってプリプリじゃん!!ってなったんだろうと想像しました。しかしながら動き出している電車の中で、私は下を向いているしかありませんでした。更に乗客の全員が携帯電話を握りしめていて、私には被害妄想かもしれませんが「中央線、市ケ谷駅、プリプリなう」とみんなが打っているような気がして、もう穴があったら入りたい、隙間があったら隠れたい気持ちでいっぱいでした。まぁ別に何を言われる訳でもされる訳でもないんですけどね…不思議な感覚です。
そんな空気に耐えて2〜3駅過ぎたあたりで、JRの別の線に乗り換えました。やっと解放されたような気分で、今度はなるべく目立たぬよう車両の隅っこに立って、『よしよし今回は、プリプリなうも書かれてなさそうだ…』とホッとしていたところに、今度は雪の影響で電車が一つ先の駅で停まってしまい、全く運転再開の気配がありませんでした。そして、雪で気温も下がってきていたのでしょう。マイカーのつもりで厚着をしていない上にダウンコートなどの上着もなしで、だんだん寒さに耐えられなくなってきました。ここで風邪でも引いて熱でも出したらこりゃまた面倒だ…と、仕方なく電車を降り、タクシー乗り場に行くと、再び長蛇の列…ここに今並んだら、高熱出す事間違いなしと思った私は、駅中に引き返して、スープストックトーキョーを発見し、暖を取るのに最適な場所!!と店内に入り、スープを注文しました。すると運悪く、店員さんにも居合わせたお客さんにもどうやら気付かれてしまい、私はなんとなくコソコソと少し寒い窓際のカウンター席に座り、温かいスープを一口飲むと、なんだか悲しみが込み上げてきて、めちゃめちゃ孤独な気持ちになりました。
今思うと、ただ寒くて、タクシーに乗れなくて、たまたま赤毛で気付かれただけなんですが、多分思いがけず降ってきた大雪のせいで駐車するにも大いに頭(悪知恵!?)を使い、次から次へと襲ってくるアクシデント(今となっちゃ全部楽しい笑い話ですけどネ)に少々疲れたんだと思います。スープストックで突っ伏したまま30〜40分過ごし、ハッと現実に返り、このままスープストックに居る訳にもいかない、なんとかして家に帰らねば!!と携帯電話で夫に電話をし、たまたまその日は休みだったのか、仕事が早く終わったのか、ラッキーにも家に居た夫に、これまたラッキーにもスタッドレスタイヤに交換済みだった夫の車で、スープストックのある駅まで迎えに来てもらいました。あの時はマジで夫が救世主に思えましたよ。
そして、タクシーの長蛇の列を横目に夫の車を見つけると思わず小走りになってしまったのでしょう、思いっきり滑って転んでしまいました(笑)。ですが、そんな恥ずかしさも痛みも感じないくらい『これでやっと家に帰れる』という安堵感で満たされていたんだと思います。
 
今では、東京でも年に一度ぐらいは、突然の雪、それも積雪があるぐらいの雪の日があるようになりました。その度に2013年のあの大雪の日のことを思い出します。
そして、あれ以来、車のタイヤも必ず一台は冬になるとスタッドレスに履き換える習慣がつきました。今年も大雪の日があるのかなぁ…皆様もどうぞご注意くださいね。

・・・・・・・・・・
次回更新は、3月9日(水)更新予定です。
お楽しみに。
・・・・・・・・・・




岸谷 香
1996年5月31日、武道館公演をもってプリンセス プリンセスを解散。
1996年結婚。翌年、奥居香ソロとしてシングル「ハッピーマン」を発売し、ソロ活動をスタート。
2001年子供を授かったことをきっかけに岸谷香に改名。その後13年間は育児を中心とする生活が続いた。2012年、東日本大震災復興支援の為、16年振りにプリンセス プリンセスを一年限定で再結成。
2014年より、ソロ活動を本格的にスタートさせ、数々のライブ活動を実施。
ガールズバンドプロジェクトを立ち上げ、ミニアルバム「Unlock the girls」をリリースしたり、豊洲PITにて、東日本大震災復興支援ライブを行ったりもした。
2021年2月にはミニアルバム「Unlock the girls3-STAY BLUE」を発売。
2021年7月からは「KAORI PARADISE 2021」ひとり弾き語りツアーをスタートした。
お知らせ
レギュラー
・ラジオNHK-FM「岸谷香Unlock the heart」
毎週金曜23:00〜スタート
・ニッポン放送「オールナイトニッポンMUSIC10」
毎月第四水曜日22:00~スタート
LIVE情報
「めざましクラシックス in 金沢」
日程:2022年3月6日(日)
時間:14:15開場 / 15:00開演
会場:石川県立音楽堂コンサートホール
料金:S席6,500円 A席5,500円 B席4,500円【全席指定・税込】当日は500円高
 ※未就学児童の入場はご遠慮いただいております。
 ※「ソーシャルディスタンス確保」のため複数枚をお申込みの場合でもお席が離れる可能性があります。予めご了承ください。
一般発売日:2021年12月18日(土)10:00〜
主催:石川テレビ放送/北陸中日新聞
出演:高嶋ちさ子(ヴァイオリニスト)、軽部真一(フジテレビアナウンサー)、他
スペシャルゲスト:岸谷香
お問い合わせ:石川テレビ放送 企画事業部 TEL076-267-6483(9:30~17:30 平日のみ)
【Kaori Kishitani 2022 Live Tour 55th SHOUT!】
5月21日(土) 愛知・名古屋ボトムライン  開場 17:30 / 開演 18:00
5月22日(日) 大阪BIGCAT    開場 16:45 / 開演 17:30
5月28日(土) 宮城・仙台Rensa   開場 16:30 / 開演 17:00
5月29日(日) 東京EX THEATER ROPPONGI 開場 16:45 / 開演 17:30
6月4日(土)  沖縄ライブハウスモッズ  開場 17:30 / 開演 18:00
チケット料金:全席指定 7,700円(税込・入場時ドリンク代別途必要)
※沖縄公演のみオールスタンディング、整理番号順入場
※3歳以上チケット必要
<一般発売>2022年2月26日(土)10:00~

関連キーワード


おすすめ情報

東京MY STORYの新着

記事一覧