<新型コロナ>神奈川県で6141人感染 各地の高齢者施設や保育園などでクラスター

2022年1月30日 18時06分
 神奈川県内で30日、新型コロナウイルスに感染した横浜市の女性1人の死亡と、6141人の新規感染が判明した。県と5市の保健当局が発表した。
 横浜市によると死亡した旭区の90代女性は入所中の介護老人保健施設で陽性者が出たため20日にPCR検査を受け、感染が判明。26日に老衰のため死亡した。ワクチンは2回接種していた。
 新規感染は2150人。県立循環器呼吸器病センター(金沢区)で計40人(職員29人、患者11人)、特別養護老人ホーム(特養)で10人(職員6人、利用者4人)の感染が判明し、クラスター(感染者集団)と認定した。
 川崎市が発表した新規感染者は2431人で、過去最多を更新した。市発表の累計感染者数は6万人を超えた。
 このうち幸区の80代男性はクラスターが発生している市南部の病院の入院患者。同病院のクラスターは計18人になった。また、高津区の高齢者施設でも新たに、70〜80代の入居者5人の感染も判明し、クラスターは計49人になった。
 県は652人の感染を発表した。鎌倉保健福祉事務所管内の高齢者福祉施設で入所者5人、職員2人の計7人感染が判明し、クラスターと認定した。職員と園児各1人が感染していた小田原保健福祉事務所管内の保育園で園児3人、職員1人の感染が判明し、クラスターとなった。
 既にクラスターとなっている平塚保健福祉事務所管内の介護老人保健施設で5人、鎌倉保健福祉事務所管内の病院で1人、同事務所管内の高齢者福祉施設で8人、小田原保健福祉事務所管内の高齢者福祉施設で15人、厚木保健福祉事務所管内の保育園で6人の感染が判明し、クラスターはそれぞれ13人、13人、18人、31人、58人となった。
 藤沢市は235人。クラスターは新たに福祉事業所で計5人を確認、小学校で38人に増えた。横須賀市は132人。
 相模原市は最多の541人。クラスターは南区の幼稚園で計19人、中央区の保育所で7人に増えた。また29日に発表した市内70代女性が重複していたとして1人分を取り消し、中央区の特養のクラスターを16人から15人に修正。同施設では30日に新たに1人の陽性が公表され、クラスターは16人となった。
 県は29日に発表した鎌倉市の80代男性について、その後の検査で陰性となり取り消した。

おすすめ情報