杉並区長「児童虐待防止対策を強化していく」 区立児童相談所の開設へ人材育成<23区の予算案>

2022年2月1日 06時50分
 区立児童相談所の二〇二六年度開設に向けた施設の設計、人材育成の費用に千七百万円を計上した。区役所に隣接する杉並子ども家庭支援センターの跡地に施設を取り壊した後、整備する。職員の専門性を高めるため、他自治体の児相への派遣研修を実施する。
 並行して、子育て相談ができる子ども家庭支援センターの整備も区内の各地で進める。田中良区長=写真=は「子ども家庭支援から児童相談所の業務まで一貫して区で行い、児童虐待防止対策を強化していく」と述べた。
 学校施設を活用して、区民が気軽にスポーツが楽しめる場所を増やす。区立小中一貫校の高円寺学園の人工芝校庭や大小アリーナなどを区民が利用できるモデル事業などに、二千九百二十万円を盛り込んだ。教育活動以外の時間に利用できる時間枠を拡充するほか、予約がスムーズにできるようにウェブシステムを導入する。
 このほか、区内にある都立公園一カ所に区営のドッグランを設置するための設計と整備工事費などに二千二百三十万円を投じる。民間事業者に委託し、二三年度の開設を予定している。(砂上麻子)

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧