【完全版】将棋の藤井聡太王位と囲碁の関航太郎天元が語り尽くす タイトルホルダー対談

2022年2月7日 06時00分
 四冠を持つ将棋の藤井聡太王位(19)と、初の七大タイトルを獲得した囲碁の関航太郎天元(20)。東京新聞が主催する王位戦と天元戦の若きタイトルホルダー同士の対談が実現しました。人工知能(AI)を駆使して深い研究を行う同世代の2人が、盤上への向き合い方、AIの活用法、師匠との関係など、多岐にわたる話題で語り合いました。紙面に収まらなかった内容も含めた完全版で、たっぷりとお届けします。

 ふじい・そうた 2002年、愛知県出身。16年、史上最年少の14歳2カ月でプロ入り(四段)。20年に初タイトルの棋聖を最年少で獲得し、続けて王位も奪取。対談時は竜王、叡王を合わせ四冠。

 せき・こうたろう 2001年、東京都出身。13年、ワールドユース選手権(少年の部)で日本人として初優勝。17年プロ入り(初段)。21年、天元を獲得。入段から4年8か月での七大タイトル獲得は史上最短記録。

将棋と囲碁、同じ勝負の世界に生きる同世代として対談に臨んだ藤井聡太王位㊧と関航太郎天元=東京都千代田区の東京新聞

◆藤井王位「囲碁は観戦専門」

 —互いの活躍ぶりをどうみる
 藤井 関さんは天元戦で(若手トップといわれる)一力遼九段に勝ち、すごいペースで強くなられている印象です。
  自分は10代での天元獲得にギリギリ届かなかったが、藤井さんはもう四冠。すごいことだと、ニュースを見て感じています。
 —関天元の将棋、藤井王位の囲碁はどの程度の腕前か
  将棋はほとんどできませんが、ルールは分かります。
 藤井 囲碁は全く分からないです。セキとコウはかろうじて分かるかも(※セキとコウは囲碁用語で、関天元は「セキコウ」の愛称がある)。中継を見ていて、分からないのが逆に面白いです。
  将棋の中継を見ていると、遅い時間まで指されているのに驚きます
 —互いの専門以外で関心を持っている分野は
  最近は対局が多く、あまり囲碁以外のことは考えてなかったんですが、せっかくこういう機会をいただいたので将棋にチャレンジしてみたいと思います。
 藤井 最近はチェス・プロブレム(詰将棋のチェス版)に少し取り組んでいます。チェスは将棋と共通点が多いゲームなんですが、それだけにフレームの違う部分が際立って、面白いなと感じています。囲碁は観戦専門にしようと考えています。

◆関天元「AI観戦の方が勉強になる」

 —AIの活用について
 藤井 将棋ソフトを使い始めたのは奨励会三段のころ。自分が指した将棋の検討と、対局もしています。
  (2017年に)「アルファ碁」が世界最強の(中国人棋士)柯潔(かけつ)九段に圧倒的な強さで勝った碁に衝撃を受けました。研究に取り入れ始めたのが、入段(プロ入り)して1、2年目のことです。当時、周りの棋士はまだAIを活用していなかったので、序盤を優位に進められるようになりました。
 —関天元はAI同士の対局をよく観戦している
  勉強というより楽しんで見ていたのですが、対局が増え、その時間は減ってきました。中盤で、人間だと常識の範囲内の手を探してしまうけど、AIは自分の発想にない手が飛び出します。そして一番重要な終盤でほぼミスがない。序盤から終盤までずっと学ぶことが多い。
 —人間同士の対局を見て得られるものとは違うか
  真剣に見るならば、AI同士の対局の方が勉強になると思います。ただ、自分の理解が追いつかない部分が多く、すごく疲れるので、そうしたら人間の碁を見ます。
 藤井 自分も将棋ソフト同士の対局を見ることはありますが、手の意図を考えると大変なので、趣味として気楽に見ています。
▶次ページ AIについてさらに語る
前のページ

関連キーワード


おすすめ情報

囲碁将棋の新着

記事一覧