東京新聞旗争奪 野田大会が開幕

2019年7月11日 04時00分
 第14回東京新聞旗争奪野田市少年野球大会(同市少年野球連盟主催、東京中日スポーツ・東京新聞など後援)は7日、同市関宿少年野球場で開幕した。
 開会式で、前回優勝の清水タイガースが優勝旗などを返還した後、青木誠連盟会長が「白熱した試合を期待しています。元気よく楽しい大会にしてください」と激励。参加15チームを代表し、山崎クーガーズの青山楓花主将が「日頃の練習の成果を十分に発揮して、正々堂々と全力プレーで戦います」と力強く宣誓した。
 この日は、同球場などで1回戦3試合が行われ、10月に行われる少年野球県選手権への出場権を懸けた戦いが始まった。 (中谷謙二)

開会式で整列した参加選手ら

 ▽1回戦
レッドファイターズ 7-0 梅郷パワーズ
野田ドンキーズ 14-2 野田ジャガーズ
柳沢イーグルス 6-3 山崎クーガーズ

関連キーワード


おすすめ情報

学童野球の新着

記事一覧