磯辺 6年ぶり栄冠 関東学童野球千葉県大会

2019年7月24日 02時00分
 第42回関東学童軟式野球大会・東京新聞カップ千葉県大会(県野球協会主催、県少年野球連盟主管、東京中日スポーツ・東京新聞後援)の準決勝と決勝が6月29日、千葉県市原市の養老川臨海第一球場で行われた。降雨による中断を挟んだ決勝は磯辺シャークス(千葉)が四小地区少年野球クラブ(柏)を下して6年ぶり5度目の優勝を果たした。 (鈴木秀樹)
 ▽決勝
磯辺シャークス
   600008|14
   200110|4
四小地区少年野球クラブ
   (6回時間切れ)
(磯)小島直大、矢島陸翔-山本大我
(四)大橋小春、入江雄大、秋山大翔-本砂柊海

6年ぶり5度目の優勝で関東出場を決めた磯辺シャークス

戦いを終え、あいさつをする磯辺ナインら

 降雨による21分間の中断もものともせず、磯辺が完勝で6年ぶりの関東行きの切符をつかんだ。
 決勝は初回、3四球に山本大我君、小島直大主将、藤代謙信君の安打、さらに皆川脩馬君の犠飛を絡めて打者一巡の6得点。これでガッチリと主導権を握ると、四小地区の猛追を好守備で防ぎつつ、6回には打者12人の攻撃で8点を加えて試合を決めた。
 過去4度の関東は、2010年の第33回から36回までの4年連続で、その成績は大会記録の3連覇と準優勝。「ここを目標にしてきた」(安達亮二監督)ということしも、県大会4試合を計43得点5失点と圧倒的な内容で勝ち上がった。「負けるときは声が出ず、不安になってミスし、自滅するパターン。それが最近になって、自分たちのペースでゲームを運べるようになってきました」と、6年の夏を迎え、これまでの経験が実をつけてきた。
 「うちは打ち勝つチームではありません。本来は守って、走って点を取るチーム。関東でもしっかりと、自分たちの野球をしたいですね」と安達監督。小島主将は「これまで悔しい経験をしてきたので、県大会を勝ててすごくうれしい。関東大会も全員で戦い抜きます!」と気合を入れた。

四小地区一歩及ばず準V

準優勝の四小地区少年野球クラブ

 昨秋の新人戦に続く、県準優勝で大会を終えた四小地区。地元・柏では、高円宮賜杯全日本学童の県代表となった豊上ジュニアーズとしのぎを削るなど、ハイレベルな戦いを重ね、身につけてきた実力をここでも発揮したが、及ばなかった。
 決勝も6点を先取された初回裏に田中奏羽君、本砂柊海主将が連打、さらに左投げ右打ちの主砲・秋山大翔君が適時二塁打を放って即座に2点を返すなど、準決勝まで総失点1の磯辺から4点をもぎ取ると、投げては柏女子選抜のメンバーで、全日本女子学童NPBガールズトーナメント出場を決めている大橋小春さんが力投。しかし、一方で守備の時間帯に雨が強さを増す不運にも見舞われるなど、大量失点が響いての敗戦となった。
 「いやいや、打たれて点を取られてますから。磯辺さんは強かった。完敗ですよ」と神宮司清監督はサバサバと振り返った。「残念ですが、選手たちはよく戦った。また前を向いて頑張ってほしい」と、健闘のナインをねぎらっていた。

3位の習志野フェニックス

3位の一宮少年野球クラブ

 ▽1回戦
飯岡スポーツ少年団(東総)9-4 シーダーズ(葛南)
習志野フェニックス(習志野)7-2 木刈ファイターズ(印旛)
塩焼少年野球部(市川)12-7 請西ブレーブス(かずさ)
磯辺シャークス(千葉)11-0 鴨川リトルベアーズ(安房)
打瀬ベイバスターズ(千葉)8-1 千葉市原マリーンズ(市原)
一宮少年野球クラブ(九十九)6-5 FTJ(船橋)
村上ファイターズ(八千代)5-3 東深井ボーイズ(東葛)
四小地区少年野球クラブ(柏)2-1 ジュニアコスモス(北総)
 ▽2回戦
習志野フェニックス 6-1 飯岡スポーツ少年団
磯辺シャークス 7-0 塩焼少年野球部
一宮少年野球クラブ 5-0 打瀬ベイバスターズ
四小地区少年野球クラブ 4-3 村上ファイターズ
 ▽準決勝
磯辺シャークス 11-1 習志野フェニックス
四小地区少年野球クラブ 8-4 一宮少年野球クラブ

関連キーワード

PR情報