不動パイレーツ、初制覇!

2018年12月25日 02時00分

日本ハム旗第20回関東学童軟式野球秋季大会

 日本ハム旗第20回関東学童軟式野球秋季大会(関東軟式野球連盟連合会、日本ハム株式会社、主催、東京中日スポーツ・東京新聞など協賛)は11月24、25の両日、千葉県のファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われ、不動パイレーツ(東京)が王者・茎崎ファイターズ(茨城)を下して初の頂点に輝いた。東京勢は深川ジャイアンツ以来5年ぶり2回目。夏見台アタックス(千葉)と秦野少年野球部コメッツ(神奈川)が3位だった。 (都丸満)
 不動パイレーツが茎崎ファイターズの3連覇を阻止し初優勝を飾った。
 1回戦は吉岡獅音君-中澤隆将君、準決勝では中澤君-池田稜君の完封リレーで勝ち進むと、決勝は吉岡君が1失点したものの完投した。
 その失点は、唯一の失策からだったが、「ミスはする前提」。そこをどう修正すかがカギだと阿部法人監督。2回以降は、捕手・阿部光芯主将の盗塁刺、左飛をスライディングキャッチした藤田理仁君など好投する右腕を援護しホームを守った。
 攻撃では1回裏2死二、三塁、阿部主将の中前打で逆転したものの、3回には無死満塁の好機を生かせず3残塁と「お互い流れがつかめない序盤だった」と指揮官。しかし、「チームの雰囲気が変わってきてスイッチが入った」という4回に中澤君の適時打、6回には決定的となった阿部主将の左前打で2点を加え決した。
 阿部主将は「流れ的には苦しかったけど勝てたんでよかった」と笑顔。だが、目標は3年ぶりの全国大会。「ミスしたところをしっかり直し、できている所はレベルアップして」と気を引き締めていた。
 ▽決勝
茎崎ファイターズ
1000000|1
200102x|5
不動パイレーツ
(茎)岡野碧斗、櫻井創太、奥畑優梧-中村悠希
(不)吉岡獅音-阿部光芯

茎崎ファイターズが準優勝

 過去5回決勝に進出し勝率10割の茎崎ファイターズ。史上初の3連覇を懸けた6回目の決勝に挑んだが、初の準優勝に終わった。
 三郷クラブ(埼玉)との1回戦では、4年生右腕・岡野碧斗君が1安打無四球で初めて7イニングを投げきり完封。準決勝でも夏見台アタックス(千葉)に先制されるも、安斎雄亮君、七村佑聖君の適時打で逆転し4強入りした。
 だが、決勝では無失策だったが、投手陣が7安打8四球と振るわず5失点、攻撃でも1回、安斎君の先制したものの2回以降は2安打に抑えられ涙をのんだ。
 3連覇は逃したが、「ここまで来られて上出来といえば上出来」と吉田祐司監督。だが、力を出し切れずに終わった準優勝には、「チョット悔いが残るかな」。高島大悟主将も「できなかった事もあった。流れをつかみきれず負けてしまって残念です」と唇をかみ、全国大会3年連続出場が懸かった来年の県予選に向け、「打撃も守備でも課題が見つかった」と語り、指揮官は「しっかり作り直さないと厳しいですね」と気持ちを切り替えていた。

秦野少年野球部コメッツ&夏見台アタックスが3位

 ▽秦野少年野球部コメッツ・宮永昌之監督「残念だった、自滅の部分があった。後半に攻められればチャンスがあったけど、途中の点がいたかった。(特徴である)機動力を上げないと、しっかり守られるチームには負けてしまう」 ▽同・門脇輝人主将「関東チャンピオンになりたかった。でも良い経験になった。相手より強い気持ちが足りなかった。全国大会を目指す大会があるので、頑張って全国大会にいきたい」
 ▽夏見台アタックス・森野繁監督「守備は100点満点あげていいと思うけど、攻撃は一本が出なかった。でも子供たちは良く頑張った。4つ(ベスト4)は立派だと思う。また冬でひと伸びしてくれれば」 ▽同・井上舜也主将「緊張とか、相手の応援とかで普段の野球ができなかった。日ハム旗で学んだ事を来年の春に生かしていきたい」

大会初の抽選 

群馬・新町無念

 初出場の新町イーグレットが1回戦で敗れ、夕日があたった選手の顔が涙で光った。
 共に7回まで決定打が出ず0-0。2イニングのタイブレークでも決着がつかず、大会初となる抽選までもつれての敗戦だった。
 初の大舞台を“運”で敗れ、「悔しい」と涙が止まらない荒谷貴之主将。県大会では5戦中3戦が2桁得点。「打って走って」(渡邉慶之監督)というチームだが、「うちの野球ができなかった」。それでもランナーを背負っても「よく守って、よく耐えた。野球では負けていなかった」と7回までホームを守り切った選手をたたえ目頭を熱くした。今大会は悔しい思い出となったが、荒谷主将は「来年に向けてつなげていこうと思う」と前を向いた。
 ▼1回戦
田沼アスレチックBBC
020000―2
012003―6
秦野少年野球部コメッツ
 (6回時間切れ)
(田)小松原将真、須永椋耶-麦倉大翔
(秦)小柳匠真、佐藤光希-諏訪太郎
明見ジュニアベースボールクラブ
0000000―0
040002x―6
不動パイレーツ
(明)渡辺彩来-勝俣雅琉
(不)吉岡獅音、中澤隆将-阿部光芯
三郷クラブ
0000000―0
100010x―2
茎崎ファイターズ
(三)篠原賢悟-渡邊永遠
(茎)岡野碧斗-中村悠希
新町イーグレット
000000021―3
000000021―3
夏見台アタックス
 (タイブレーク9回)
 ※抽選6-3で夏見台
(新)渡邉力-黒田倖雅
(夏)釜本龍之介-中澤周
 ▼準決勝
不動パイレーツ
000331―7
000000―0
秦野少年野球部コメッツ
 (6回コールド)
(不)中澤隆将、池田稜-黒澤立幹-阿部光芯
(秦)門脇輝人-諏訪太郎
茎崎ファイターズ
0011000|2
0100000|1
夏見台アタックス
(茎)田中昇之介-中村悠希
(夏)釜本龍之介-中澤周

関連キーワード


おすすめ情報

学童野球の新着

記事一覧