<新型コロナ>1日当たりの死者最多 圧倒的な感染力のオミクロン株 高齢者の持病悪化で重篤化も

2022年2月10日 18時22分
 国内で新型コロナウイルスによる1日当たりの死者数が、新変異株オミクロン株による第6波の中、過去最多を記録している。かつての変異株と比べ、オミクロン株は重症化率、致死率の低さが指摘されてきたが、感染力が圧倒的に高いために、多くの死者が出ている。重症化しやすい高齢者のワクチン3回目接種の遅れも響く。
 厚生労働省によると、死者が最も多かったのは、昨年5月の第4波中の123人だったが、今月9日、150人を超えた。東京都によると、新型コロナは変異するたび、致死率が低下してきた。
 しかし、感染力は上がっている。全国の1日の新規感染者数の最多は、第4波で7000人余りだったのに対し、最近は10万人前後。重症者、死者数のピークは感染の波より遅れて来るため、重症化率、致死率はさらに上がると予想される。

◆重症者、80歳以上の割合高く

 今回、死者が多い理由はオミクロン株の感染力の高さだけではない。重症者に占める高齢者の割合の高さが問題という。9日、厚生労働省に助言する専門家組織「アドバイザリーボード」に示された大阪府の資料では、重症者に占める80歳以上の割合は、第5波は6.7%だったが、第6波では28.9%に急増した。
 65歳以上のワクチン接種は昨年5月から加速し、7月末には8割が2回接種を完了。ワクチンで上昇した抗体価は時間の経過とともに減るため、オミクロン株を前に、高齢者の免疫低下が懸念されている。
 もともと、オミクロン株のウイルスはのど付近でとどまり、デルタ株のようなウイルス性肺炎を起こしにくいとされるが、高齢者は腎臓や呼吸器などの持病の悪化のため重篤に至るケースもある。
 専門家組織の座長、脇田隆字・国立感染症研究所長は「感染者が減少しても、高齢者の感染が続けば、重症、死亡者は増加する」とし、感染の中心となっている高齢者施設での3回目接種の促進や医療サポートの必要性を強調した。(沢田千秋)

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧