昭和初期の「理想の居住地」同潤会荻窪分譲住宅、最後の1戸が取り壊しへ 

2022年2月12日 07時27分

最後に1軒残った同潤会荻窪分譲住宅。昭和初期に45戸が販売された際は、競争率25倍の人気物件だった

 かつて東京・神宮前にあった同潤会青山アパートメント(現表参道ヒルズ)などを建てた同潤会が、大正の終わりから昭和初期にかけて、郊外で一戸建て住宅を分譲していたことはあまり知られていない。現存する建物はほとんどなく、杉並区に残る数少ない1軒も近く取り壊されることになった。風雪に90年以上耐えてきた「同潤会荻窪分譲住宅」の建物を見せてもらった。

一般社団法人「杉並たてもの応援団」の田村公一さん

 JR荻窪駅から北に歩いて二十分弱。住宅街の中にひときわ古い一戸建てが現れる。この地域に唯一残る同潤会の分譲住宅だ。
 玄関を入ると、奥まで廊下が続く。「家族の暮らしを重視した間取りです。廊下があることで、各部屋からほかの部屋を経ないで玄関や便所、湯殿、台所に行けます」。案内してくれた一般社団法人「杉並たてもの応援団」の田村公一さん(69)が言う。玄関と廊下の間の引き戸は、来客に奥を見せないためだという。
 玄関横の窓は、上が三角になった五角形。「同潤会の建物でよく見かける形です」。建築費を安く抑える一方、少しでも見栄えをよくする意匠の工夫だ。
 百四十五坪の敷地に、建面積約三十坪の平屋建て。玄関の横に八畳の洋間(客間)、和室の八畳、六畳、六畳、三畳(お手伝いさんの部屋)があり、今で言う5K。後に四畳半の洋室などが増築された。たてもの応援団は今、家を細部まで測量、撮影し、記録を残そうとしている。

五角形の窓があるドア。建築費を抑えつつ、さまざまな意匠の工夫がこらされた

 家が分譲されたのは、昭和四(一九二九)年。周辺は農村地帯だったが、大正十二(二三)年の関東大震災で焼け出されるなどして、都心から多くの人々が移り住み、中央線一本で都心に通勤できる便利さもあって、徐々に会社員や軍人、官僚らが暮らす中流の住宅街へと変貌していった。
 同潤会はここに「理想の郊外居住地」を作ろうと、四十五戸を販売。電気、ガスが供給され、昭和七年からは上水道も整備された。会の事業報告によると、販売前の「展覧会」に八千七百七十七人が訪れるなど「非常ナル好評」を博し、分譲時の競争率は二十五倍にもなった。
 二代目の住人として、府立第三高等女学校(現都立駒場高校)の歴史教師だった井上正さん一家が暮らしはじめたのは、昭和六年。体が弱い娘清子さんのため、自然を求めて都心の青山から移り住んだ。

縁側の幅を広げた特徴的な「広縁」。戦時中に焼け出された一家がここに身を寄せたこともあったという

 「母から、昔は南側に畑が広がり、タヌキが出たと聞きました。家の前は並木道だったそうです」。清子さんの娘(66)が話す。「広縁(幅広の縁側)に椅子を置いて庭を眺めるのが好きでした、サンルームみたいで。梅や柿がたくさんなりましたが、全部切られてしまうのが残念です」
 建物は近く業者に売却され、取り壊し後の跡地には五軒の住宅が建つという。
     ◇
 杉並たてもの応援団は三月〜五月に区立郷土博物館分館(天沼弁天池公園内)でパネル展示「杉並の同潤会・団地・住宅地」を開催、「井上邸」も紹介される予定。
<同潤会> 関東大震災の翌年、国内外からの義援金を基に、被災者のための住宅供給を目的に内務省が創立した財団法人。東京と横浜で(1)応急仮設住宅(2)庶民向け賃貸住宅(3)中流以上向けの鉄筋コンクリートのアパート(4)勤労者向けの一戸建て分譲住宅など、計1万1985戸を供給。昭和16(1941)年に住宅営団に業務を移管して解散した。
文・加古陽治/写真・内山田正夫
 ◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へメールでお願いします。

関連キーワード


おすすめ情報

TOKYO発の新着

記事一覧