ニュー「あらかわ遊園」PR 荒川区、都電にラッピング車両 ふるさと納税で寄付募る

2022年2月16日 07時08分

リニューアル後のあらかわ遊園の予想図=区提供

 今春にリニューアルオープンする二十三区で唯一の区営遊園地、あらかわ遊園(荒川区西尾久六)を盛り上げようと、区は都電荒川線でラッピング車両「都電あらかわ遊園号」を走らせる。費用の一部をふるさと納税制度を活用して募集している。
 ラッピング車両のデザインは、あらかわ遊園で飼育されている動物たちやリニューアルで導入される新遊具をモチーフにしたデザイン。車内にも関連のポスターを掲示するという。三月中の運行を目指して現在、準備が進められている。
 ふるさと納税による資金募集は三月末まで。「ふるさとチョイス」のサイトから申し込む。一万円以上寄付した先着五十組(最大百人)をラッピング車両の試乗運行に招待する。
 区荒川遊園課の担当者は「ラッピング車両はリニューアルオープン後も走る。都電であらかわ遊園に向かう道中も楽しめるような車両にしていきたい」と話している。(西川正志)

関連キーワード


おすすめ情報