「高輪築堤は国際的に重要な遺産」 ユネスコの諮問機関イコモスがJR東に解体中止求める警告

2022年2月18日 06時00分
 1872(明治5)年の鉄道開業時、線路を敷くため東京湾の浅瀬に築かれた「高輪築堤」(東京都港区)について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関「国際記念物遺跡会議」(イコモス、本部パリ)は、国際的にも非常に重要な遺産だとして、調査に伴う解体をやめるよう求める「ヘリテージアラート」を出し、JR東日本の深沢祐二社長らに宛てて文書を送付した。(梅野光春)

長く連なる石垣が良好な状態で見つかった高輪築堤。この部分は既に解体された=昨年4月、東京都港区で

 イコモスは、世界文化遺産の登録審査を行う機関。高輪築堤を「日本の近代化の出発点であり、日本と(建設指導に当たった)英国の技術を合わせた構造物が、非常に良い状態で残っている」と評価。アラートでは、遺構の重要性を広く知らせないまま解体・再開発を進めることは、国や都の文化財保護行政上、深刻な懸念材料で、あしき前例を残すとしている。
 アラートは、世界遺産に匹敵する遺構が壊されそうな場合などに出る。今回は1月28日付。岸田文雄首相や東京都の小池百合子知事ら行政のトップに、保存へ最大限の努力を求める要望も記した。今月15日にウェブ上で公開した。
 高輪築堤はJR田町―品川駅間で1・3キロにわたり確認。うち120メートルは国史跡として保存が決定、680メートルはほぼ解体された。他の約500メートルの保存は、今後策定される再開発計画と合わせて検討する。
 日本イコモス国内委員会の伊東孝さんは「国内の遺跡に関するアラートは、これまで数件に限られる。今後の計画は築堤を残す形でつくるべきだ」と話す。JR東日本は「高輪築堤の出土は、鉄道会社である弊社にとって大変意義深い。価値継承に向け、引き続き真摯に取り組む」としている。

関連キーワード


おすすめ情報