和紅茶 御殿場の特産品に 市内のホテルが開発資金をネットで募る

2022年2月21日 07時37分

取り組みを説明するホテルの鈴木一成支配人(左)=御殿場市役所で

 御殿場プレミアム・アウトレット内に立つホテル「HOTEL CLAD」(運営・小田急リゾーツ)は、御殿場市内の老舗茶店と連携して和紅茶の開発に取り組んでいる。二十二日から三月末まで、クラウドファンディング(CF)で資金を募る。
 十八日には、ホテルの鈴木一成支配人らがサンプル品を持参して市役所を訪問。勝又正美市長に取り組みを説明し、「今回が第一弾。御殿場の特産品の良さを知ってもらう窓口になれれば」と述べた。
 四種類の和紅茶を作る計画。早朝に飲む時は、茶葉に二種類のミントをブレンドしてフレッシュな香りがする和紅茶など、飲む時間帯に合わせた味や風味に仕上げる。CFの返礼品として寄付者に送り、ホテルや併設の日帰り温泉施設でも提供する。
 御殿場は神奈川県に接し、首都圏からの来訪者が多い観光都市。新型コロナウイルス禍で地域経済が打撃を受ける中、御殿場の魅力発信を目指す。連携する「荒井園」が作った和紅茶は、「食のオスカー」とも評される英国の国際コンテストで金賞をたびたび受賞しているという。(佐野周平)

関連キーワード


おすすめ情報