<証言 あさま山荘事件50年⑦>開かれた議論を求める日本研究者…「われわれ全員が被害者にも加害者にもなりうる」

2022年2月23日 06時00分
 「あの時代の教訓は、今日でも十分に通用する」。米国の日本研究者でハワイ大教授のパトリシア・スタインホフ(80)は指摘する。
 スタインホフは戦前の共産主義者の転向の研究から、連合赤軍事件に考察を広げ、獄中の永田洋子らにも接見した。事件から約20年後、著書「日本赤軍派」を発表。「非常にまじめな信念を持った知的な人々」が通常の社会的、心理的プロセスをたどって引き起こしたと事件を分析し、「われわれ全員が、連合赤軍事件のような悲劇の、被害者にも加害者にもなりうる」と論じた。

ハワイ大のパトリシア・スタインホフ教授

 スタインホフは「同じような極端な事態は他の地域でも起こる」とした上で、事件は「リーダーが主張することに対して一般のメンバーが声を上げにくく、その勢いが止まらないという日本社会の特質が寄与している」と指摘する。
 事件は日本で繰り返し報道されてきたものの、「なぜそのような事件が起こったのか、どのようにしたらそれを防ぐことができるのか」という理解を促す内容は乏しく、「『事件のトラウマ』を強化し、永続させてきた」とみる。
 日本社会を見詰めてきたスタインホフから見れば、連合赤軍事件と向き合わないことと、戦時中の行き過ぎた行為に向き合わないことは通底している。スタインホフはこう警鐘を鳴らす。
 「日常的な社会の力学がどのようにして連合赤軍事件のような出来事を生み出すのか。暴走する前にそれを止めるには何が必要なのか。日本社会で開かれた議論がない限り、新しい世代に、あのような恐ろしい出来事を二度と起こさないための技術は身に付かない」=敬称略(佐藤大)

関連キーワード


おすすめ情報