【動画】運動場がお気に入りだよ!上野動物園の双子パンダ、シャオシャオとレイレイ

2022年3月1日 17時21分
 東京・上野動物園は1日、昨年6月23日に誕生した双子のジャイアントパンダ、雄シャオシャオと雌レイレイの様子を公表した。2頭は1日で251日齢を迎えた。動物園は1月11日から新型コロナウイルスの感染拡大で休園中だが、シャオシャオとレイレイは母親のシンシンとともに園内で元気にすごしている。

シンシンと双子(手前:シャオシャオ、中:レイレイ、ともに250日齢)=2022年2月28日撮影、写真はいずれも(公財)東京動物園協会提供

 シャオシャオ、レイレイともに健康状態は良好で、2月28日に行った体重測定では、シャオシャオが19.40キログラム、レイレイが18.05キログラムだった。

シャオシャオ

レイレイ

 シンシンとシャオシャオ、レイレイは日中、運動場と室内展示場を自由に出入りしている。シャオシャオ、レイレイとも、運動場では、木の上で過ごす時間が多い。シャオシャオはシラカシ、レイレイはマツがお気に入りの様子。
 2頭は時折、木から下りてシンシンにじゃれついたり、2頭でじゃれ合ったりしている。運動場での授乳はまだ確認されていないという。
 次回の双子の様子の公表は8日の予定。

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧