「1本ずつに歴史、代えは利かない」 神宮外苑樹木伐採に石川幹子中央大教授が異議 多くは国民の献木

2022年3月2日 06時00分
 明治神宮外苑の再開発に伴い、900本近くの樹木が伐採される問題。東京都や事業者は「切るよりも多くの木を新たに植える」などと説明するが、計画の見直しを求める中央大研究開発機構の石川幹子教授は「1本ずつに歴史があり代えは利かない」と言う。外苑を歩きながら100年の古木の意味を石川さんに聞いた。(森本智之)

石川教授と訪れた再開発エリアの森には、巨木が連なっていた。春のような日差しの中、上着を脱いで散策する人の姿も。奥に国立競技場が見える。

 「すごく元気でしょう。ほとんどが樹齢100年以上。『100年以上もある』じゃない」。再開発エリアの一角は、大人2人が両手を伸ばしてやっと囲えるくらいの太い幹の木がいくつも空に伸びていた。石川さんの調査では多くが伐採される懸念がある。
 外苑は、内苑ないえんと一体で1926(大正15)年に整備された。ともに、明治以降の都市化の波に逆らうように、造園学者らが100年後を思い描いて緑をつくった。だがそれぞれの構想は真逆という。内苑は自然の力で成長する「人の入らない森」を目指し、外苑は「人々が集う庭園」を意図した。

樹木の位置を指し示しながら説明する石川幹子中央大教授=1日、東京都新宿区で

 造営当時、敷地の中心の芝生広場を囲うように疎林を配し、さらにその周辺に森を築いた。外に向かって濃くなる「緑のグラデーション」だ。イチョウ、スダジイ、シラカシ、ヒマラヤスギ、ケヤキ、アカマツ…。どこにどんな木を植えるかも意図がある。「桂離宮や後楽園で『ビルを建てるから木を切るけど新しく植えるから』と言われて納得する人がいるでしょうか」と批判する。

◆献木は全国から、樺太からも

 話を聞いた場所は疎林の外の小さな森の一つ。葉の落ちない常緑樹と落葉樹を一緒に植え、冬場でも光が差し込む。人が散策することを想定しているからだ。春のような日差しのこの日、上着を脱いでベンチに腰掛ける人がいた。
 こうした巨木の多くは全国から寄付された木の可能性が高い。人工の森を作る前代未聞の巨大プロジェクト。内苑・外苑の造営に当たっては全国から多くの献木が寄せられた。当時の資料によると、ある男性は年金でマツを購入した。地域の名木が送り出されたケースもあったという。遠くはサハリン(樺太)から。鉄道会社は運送費を半額にして支援した。「1本1本に物語があり寄付した木はまだ生きている」
 戦争では外苑内の施設も被災したが、石川氏が見せてくれた戦後間もない時期の航空写真によると、樹木は戦火を免れている。だがこうした木が切られる可能性がある。
 石川氏は「外苑は日本の近代を代表する文化的遺産。それも、過去のものではなく、いまも多くの人々に、日常的に愛されている」と重要性を指摘する。100年前の造園家や献木した市民を思えば「若い木を植えて数を満足させればいいという問題にはならない」と述べた。
 都などによると、緑化の指標としては面積を用いるケースが多い。だがこれでは巨大な古木も背の低い若い木や芝生も同列に扱われる。三井不動産などの事業者が都に提出した環境影響評価書案によると、開発後の緑被率(敷地に占める緑の面積)は上がる一方、緑の体積は減る見通しだ。古木が減ることが影響するとみられる。
 現在、景観の中心に位置する芝生広場は多くの人が草野球に興じる広場に変わったが、市民に開かれた場所という性格は変わらない。再開発ではこうした軟式野球場、バッティングセンター、ゴルフ練習場など気軽に親しまれてきた施設はなくなる見込みだ。トッププレーヤーが使う野球場やラグビー場、会員制テニスコートなどが中心となり「スポーツ公園」としての性格も変わるかもしれない。

(左)戦後の神宮外苑。多くの樹木が戦火を免れたことが分かる=1945~50年ごろ撮影、国土地理院提供 (右)現在の神宮外苑。赤い印は伐採や移植の可能性がある約1000本の樹木=中央大研究開発機構グリーンインフラ研究室作成


◆伐採せず「移植」でも樹木にダメージの危険

 事業者が新宿区に提出した資料によると、再開発エリアの1904本のうち半数近い892本に伐採の可能性があり、移植されるのは145本にのぼる。移植には問題がないのか。
 同じ外苑内で先行した国立競技場の建て替えでは、日本学術会議の資料によると、今回を上回る約1500本が伐採され、約200本が移植された。

枝を深く刈り込まれたスダジイ。国立競技場の建て替えに伴って移植された

 石川氏と国立競技場付近で、「移植」の札の付いたスダジイを見つけた。枝が深く刈り込まれていた。「移植のために、枝を落とされ“電信柱”のようになるケースがある」という。

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧