春闘本格化、賃上げ焦点 連合と経団連トップ会談

2020年1月28日 16時00分

会談する連合の神津里季生会長(左)と経団連の中西宏明会長(右)=28日午前、東京・大手町の経団連会館で

 連合の神津里季生(こうづりきお)会長と経団連の中西宏明会長が二十八日、東京都内で会談、二〇二〇年春闘の攻防が本格化した。中西会長は「ここ連続で続いているモメンタム(勢い)は大事だ」と強調、労使とも賃上げの必要性で一致した。一方、神津会長は「うねりは社会全体になっていない」として、中小企業で働く人たちや非正規労働者ら幅広い労働者が実感を得られる形の賃上げを求めた。今春闘は米中貿易摩擦などで景気の減速感が漂う中、ベースアップ(ベア)を含む賃上げを持続できるかどうかが焦点。組合側は二月中旬ごろに経営側に要求書を提出。三月中旬に大手の回答が集中するヤマ場を迎える。
 会談で神津会長は「少子高齢化、人口減少に賃金の状況が輪を掛けて、日本全体がしぼんでしまっているのではないか」と指摘。中西会長は「これまでの日本の仕組みはかなり見直さないと駄目なところも出てきた」と述べ、年功序列、終身雇用を柱とする日本型雇用の見直しに言及した。
 連合は今春闘で、基本給を引き上げるベアの要求水準を「2%程度」とし、定期昇給分の2%を加えた4%の賃上げを要求。また、各企業内における最低賃金の水準として時給千百円以上などと具体額を初めて打ち出し、格差是正も重視する。
 経団連はベアも選択肢となり得るとしつつ、手当や賞与を含め、各社の事情に応じて賃上げを前向きに検討するよう呼び掛ける。ただ、ベアは全社員を対象とした引き上げだけでなく、若い世代や職務、成果に応じた配分が「現実的」ともしている。

関連キーワード

PR情報