品川区大井で住宅火災 男女3人が死亡、男子高校生が軽いけが

2022年3月4日 12時13分
 4日午前7時25分ごろ、東京都品川区大井3丁目の酒井博文さん方が燃えていると110番があった。警視庁大井署によると、木造2階建て住宅約300平方メートルが焼け、70代ぐらいの夫婦と80代ぐらいの女性の計3人が死亡し、男子高校生も避難する際に軽いけがを負った。同署や東京消防庁が出火原因や身元を調べている。
 同署などによると、この住宅は3棟に分かれており、親族の3世帯9人が入居していたとみられる。出火時には8人がいたといい、うち4人は自力で脱出し、けがはなかった。区教育委員会によると、近くの区立小学校が臨時休校した。
 付近には警察や消防の車両数十台が駆け付け、住民らが消火作業を不安そうに見守った。火は約2時間半後にほぼ消し止められたが、辺りは白煙と焦げた臭いが立ち込めていた。
 近くに住む自営業の男性(68)は「火事だ、火事だ」との声を聞き、慌てて外に飛び出した。自身も近所の家に避難を呼び掛けたといい「火は2~3メートルぐらい立ち上っていたと思う。昔から知っている家族なので心配だ」と語った。
 現場はJR大井町駅から南西約700メートルにある住宅街。(共同)

関連キーワード


おすすめ情報