NY株453ドル安

2020年1月28日 16時00分
 【ニューヨーク=共同】週明け二十七日のニューヨーク株式市場のダウ工業株三十種平均は五営業日続落し、前週末比四五三・九三ドル安の二万八五三五・八〇ドルで取引を終えた。一日の下げ幅としては昨年十月以来の大きさ。中国を中心とした新型コロナウイルスによる肺炎拡大が世界経済に与える影響が懸念された。欧州株も大幅に下落し、世界的な株安の連鎖が続いた。

関連キーワード

PR情報