花を手にウクライナ侵攻に抗議 浦和駅前フラワーデモ

2022年3月5日 07時12分

ロシアの軍事侵攻に抗議し、戦争反対のプラカードや花束を手にする参加者たち=JR浦和駅前で

 ロシアによるウクライナ侵攻に対し、花束を手に抗議する「フラワーデモ」が4日夜、JR浦和駅前であった。
 フラワーデモは花を身に着け性暴力に抗議する活動として全国で行われている。今回は深刻な人道危機が伝えられるウクライナ情勢を受け、「武器を捨てて花を」の思いで実施。男女15人ほどが参加した。
 午後6時半から約1時間、参加者は日本語と英語、ウクライナ語で「戦争反対」「誰も殺させない」などと書かれたプラカードや色とりどりの花束を手に、新型コロナウイルス対策で声を出さずに反戦をアピールした。
 主催した「フラワーデモ埼玉」の野田静枝さん(74)=さいたま市浦和区=は「戦時下では性暴力や略奪が起きてしまう。ロシアの侵攻が終わるまで、今後も反対を訴え続ける」と話した。(杉原雄介) 

関連キーワード


おすすめ情報

埼玉の新着

記事一覧