イチ押しナマズ 投票してね カワスイで「総選挙」 国内外55種の争い

2022年3月7日 07時09分
 JR川崎駅前にある「カワスイ 川崎水族館」(川崎区)が、水族館に展示されている全五十五種類のナマズの人気を競う「カワスイナマズ総選挙二〇二二」を開催している。十三日まで、館内と同館のホームページから投票できる。

【アフリカ党】アフリカゾーンで展示中のデンキナマズ(いずれもカワスイ川崎水族館提供)

 昨年から開催され今回で二回目。ナマズが展示されている水槽には、選挙ポスター風の「魚名板」を設置。水族館の出口付近には、全種類の一覧と投票箱があり、好きなナマズを書いて投票できる。

【多摩川党】多摩川ゾーンで展示されているナマズ

 同水族館によると、川崎市を流れる多摩川や、アフリカ、南米アマゾンなど世界各地で生息するナマズがいる。体長二メートルにもなる大型のナマズや、四百ボルトほどの電圧を発するもの、体が透明のナマズなど、さまざまな個性を楽しめる。

【南アメリカ党】南アメリカゾーンに展示されているオキシドラス

 広報担当者は「それぞれ面白い生態を持っているので、いろんなナマズがいるというのを知ってもらいたい」と話した。
 当選発表は十九日。館内とホームページで発表する。(竹谷直子)

関連キーワード


おすすめ情報