本社、国連の「SDGメディア・コンパクト」に加盟 社会問題の解決目指す

2022年3月8日 12時50分
国連「SDGメディア・コンパクト」のロゴ

国連「SDGメディア・コンパクト」のロゴ

 東京新聞は持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、国連が世界の報道機関などに参加を呼び掛けている「SDGメディア・コンパクト」に加盟しました。SDGsは貧困や不平等、気候変動など、現代が抱える喫緊の課題への取り組みを掲げていますが、その実現には各国政府だけでなく、さまざまな市民や企業などの協調が不可欠とされています。
 国連は特に報道機関にはSDGsの理念について広く理解を促したり、達成への取り組みを支援する大きな役割を期待し、2018年9月にSDGメディア・コンパクトを発足させました。これまでに世界約250ものメディアが加盟していて、日本国内のメディアが過半数を占めています。
 参加した報道機関はそれぞれの価値観や編集方針の中で、国連と連携しながらSDGsの実現に独自に取り組むことが求められます。
 SDGsは「地球上の誰ひとり取り残さない」ことを誓っています。東京新聞の報道姿勢とも重なります。SDGメディア・コンパクトへの加盟を機に、これからもSDGsの実現に向けた報道や各種の事業を積極的に展開していきます。

関連キーワード


おすすめ情報