プーチン氏と懇意?安倍晋三氏のロシア派遣は…林外相「考えてない」 参院外交防衛委で答弁

2022年3月8日 19時04分
首脳会談に臨んだロシアのプーチン大統領(左)と安倍元首相=2019年、大阪市で

首脳会談に臨んだロシアのプーチン大統領(左)と安倍元首相=2019年、大阪市で

 林芳正外相は8日の参院外交防衛委員会で、ウクライナ侵攻を続けるプーチン・ロシア大統領への対応を巡り、同氏とパイプがある安倍晋三元首相を含む要人のロシア派遣は検討していないことを明らかにした。「現時点で特使を派遣するという考えはない」と述べた。
 停戦へ独自の仲介外交を試みるより、強力な制裁を通じて事態打開を目指す欧米との協調を優先すべきだと判断しているため。首相在任中にプーチン氏と首脳会談を積み重ね、個人的信頼関係を誇示した安倍氏も訪ロに消極的とされる。政府は当面、先進7カ国(G7)と結束して行動する構えだ。
 委員会で林氏は、特使派遣を否定した上で「G7をはじめとする国際社会と連携し、有効と考えられる取り組みについて適切に検討、対応したい」と指摘。「国際秩序の根幹を守り抜くためには、国際社会が結束して毅然と行動しなければならない」とも述べた。
 立憲民主党の羽田次郎氏への答弁。羽田氏は、岸田文雄首相や林氏が訪ロしたり、安倍氏や森喜朗元首相を派遣したりする外交努力は必要ではないのか、と問い掛けた。(共同)

関連キーワード


おすすめ情報

政治の新着

記事一覧