葛飾ダイヤモンドガールズなど4強 東京都小学生男女ソフトボール秋季大会

2020年1月31日 03時00分
 台風によるグラウンドコンディション不良のため延期となっていた、第46回東京都小学生男子ソフトボール秋季大会、第40回東京都小学生女子ソフトボール秋季大会(東京都ソフトボール協会、東京中日スポーツ・東京新聞主催)が1月25日、葛飾区柴又野球場で開幕。女子13チーム、男子5チームが参加した。同日、女子のベスト4、男子の決勝進出チームが決まったが、26日予定の女子準決勝、決勝、男子決勝は雨のため2月1日に順延となった。 (竹下陽二)

爆勝!!好発進

打線爆発の葛飾ダイヤモンドガールズ。生還者を出迎えるナイン

 女子大会では、葛飾ダイヤモンドガールズ(葛飾)が爆勝だ。1回戦の国立七小育成会(国立)戦で初回に12点。続く2回も9得点と打線が猛爆発した。21-0の3回コールド勝ちで発進。続く、準々決勝の三鷹ゼファー(三鷹)戦でも初回に6点、2回に11点、3回に3点を入れて、20-0の3回コールド勝ち。2試合で毎回の41得点、加えて無失点とカンペキなスタートを切った。

1回戦でダイナミックなフォームを見せる葛飾ダイヤモンドガールズの塚越さん

 これに対し、不気味な強さを見せたのが、常勝軍団のオールあきる野女子(あきる野)だ。2回戦から登場し、奥戸青空(葛飾)と対戦。初回にいきなり9点を入れて、3回コールドで貫禄のベスト4入り。柴崎特攻監督は「新チームになって、6年生がごっそり抜けた。5年生は1人。2、3、4年生が主体の若いチーム。でも、今年のチームは打つよー。練習量が違うからね。準決勝、決勝が楽しみだ」とニヤリだ。例年とは、ひと味違う、ヤングあきる野がどこまでやれるかも見ものだ。
 2月1日に女子準決勝、決勝、男子決勝が行われるが、女子準決勝の組み合わせは、オール葛飾×葛飾ダイヤモンドガールズの葛飾対決、大田ガールズ(大田区)×オールあきる野、男子は亀有ファイターズ(葛飾区)×大田ボーイズ(大田区)となった。

力強く宣誓

小林君と大多和さんが元気よく選手宣誓!

 ○…選手宣誓は、男子チームを代表して、亀有ファイターズの小林珀蒼君、女子チームを代表して、オール葛飾の大多和美伶さんが行った。二人は声をそろえて「日ごろの練習の成果を発揮し、正々堂々と戦うことを誓います」と力強く誓った=写真。

--------------------- 初日の結果 ----------------------

【女子】▽1回戦

石神井スマイル 6-2 興宮マーブルズ
葛飾ダイヤモンドガールズ 21-0 国立七小育成会
三鷹ゼファー 10-3 大東チェリーズ
大田ガールズ 31-0 石神井台小女子ソフトボール部
奥戸青空 6-0 上北小ソフトボール部

 ▽準々決勝

オール葛飾 7-2 石神井スマイル
葛飾ダイヤモンドガールズ 20-0 三鷹ゼファー
大田ガールズ 9-4 足立レインボーガールズ
オールあきる野女子 9-2 奥戸青空

【男子】▽1回戦

中之台小学ソフトボールクラブ 2-2 多摩選抜
              (抽選)

 ▽準決勝

亀有ファイターズ 13-0 中之台小ソフトボールクラブ
大田ボーイズ 23-0 亀有ドラゴンズ

関連キーワード


おすすめ情報

その他のスポーツの新着

記事一覧