県立高入試でミス 志望と異なる学科で合格<埼玉>

2022年3月10日 07時41分
 埼玉県教育委員会は九日、二月にあった県立高校入試で、生徒一人を志望した学科とは別の学科で選抜し、合格とするミスがあったと発表した。志望学科の合格基準にも達していたため、この生徒は合格となった。
 県教委によると、生徒は同月十日、この高校に複数ある学科のうちの一つを第一志望として願書を提出。その後の志願先変更期間に別の学科を第二志望に追加し、同じ高校に再び出願した。
 この際、高校側が第一志望を変更したと誤って解釈して手続きし、生徒は同二十四、二十五日に第二志望の学科の選抜を受けた。今月四日の合格発表で第二志望への合格が分かった生徒が、中学校を通して高校に指摘し、ミスが分かった。
 県教委は生徒に謝罪し、今後は同様のミスがないよう願書の確認を複数回行うよう各高校に指示した。この影響で生徒が第二志望としていた学科も選抜し直し、不合格にしていた別の生徒一人が繰り上げで合格となった。(近藤統義)

関連キーワード


おすすめ情報