女子・東京リゾート&スポーツ16年ぶり優勝 第37回都専門学校夏季総合テニス大会

2019年9月11日 02時00分
 第37回都専門学校夏季総合テニス大会(都専門学校テニス連盟主催、東京中日スポーツ・東京新聞など協賛)が8月20~23日、千葉県白子町で行われ、団体戦男子の部は日本工学院八王子校(八王子)が8連覇を達成。同女子の部は東京リゾート&スポーツ(豊島)が16年ぶりの優勝を飾った。

団体戦で優勝した男子・日本工学院八王子校と女子・東京リゾート&スポーツ

 日工八王子の黒宮大輝主将は「経験のある2年と、新戦力の1年がうまくかみ合った。全国大会では6連覇を達成し、後輩に引き継ぎたい」と語り、東京リゾートの寳槻美佐主将は「普段の練習や合宿で、心技体全て上達した。全国大会でも120%の力で頑張りたい」と話した。
 大会には10校が参加。団体戦と個人戦の計6種目をトーナメント戦で争った。各部門の上位入賞のチームと選手は、11月4日から石川県能登町で開かれる全国大会に出場する。 (中谷謙二)

関連キーワード


おすすめ情報

その他のスポーツの新着

記事一覧