「SNSで中傷受けた」池袋暴走事故の遺族が警視庁に近く相談へ

2022年3月12日 00時09分
 東京・池袋で2019年4月に起きた乗用車暴走事故で妻子を亡くした松永拓也さん(35)が11日、会員制交流サイト(SNS)上で誹謗ひぼう中傷を受けたとして、近く警視庁に相談することを本紙に明かした。
 松永さんによると、自身のツイッターに同日、匿名の人物から「金や反響目当てで、闘っているようにしか見えませんでした」「天国の妻子が喜ぶとでも?」などの投稿があった。投稿は既に削除されている。
 松永さんは東京地裁で開かれていた事故の刑事裁判で、被害者参加制度を利用して被告人質問や意見陳述をしてきた。松永さんは取材に「遺族の心を無視した書き込みで許せない。言葉への責任を取ってほしい」と話した。
 SNS上の誹謗中傷を巡っては、プロレスラー木村花さん=当時(22)=が20年5月、中傷され死去したのを機に議論が広がった。政府は今月8日、侮辱罪の法定刑に懲役刑を追加する刑法改正案を閣議決定している。

関連キーワード


おすすめ情報