ロシアのニュース番組で「戦争をやめて」と紙掲げた女性が釈放 別件で罰金、今後も訴追の可能性 

2022年3月16日 10時58分
14日、モスクワで、ロシアのテレビ「第1チャンネル」のニュース放送中に反戦のプラカードを掲げるオフシャンニコワさん=ラジオ自由ヨーロッパのホームページから

14日、モスクワで、ロシアのテレビ「第1チャンネル」のニュース放送中に反戦のプラカードを掲げるオフシャンニコワさん=ラジオ自由ヨーロッパのホームページから

 【ワルシャワ=蜘手美鶴】ウクライナへの軍事侵攻を巡り、放送中のニュース番組で反戦のメッセージを発したロシア政府系テレビの編集担当者マリーナ・オフシャンニコワさんについて、モスクワの裁判所は15日、無許可で抗議活動したとして3万ルーブル(3万3000円)の罰金支払いを命じた。オフシャンニコワさんは同日、釈放された。
 AFP通信などによると、オフシャンニコワさんが罪に問われたのは、番組で反戦メッセージを示す前にビデオ声明を出し、反戦デモに参加するよう市民に呼び掛けた件。釈放後も捜査は続いており、追加で訴追される可能性がある。独立系新聞ノーバヤ・ガゼータによると、捜査当局によるオフシャンニコワさんに対する取り調べは14時間続いたという。
 これと関連して、フランスのマクロン大統領は15日、オフシャンニコワさんを大使館で保護したり亡命を受け入れたりする用意があると明らかにした。マクロン氏は「ロシアのプーチン大統領との次回会談でこの解決策を提案する」と述べた。

おすすめ情報

ウクライナ危機の新着

記事一覧