<新お道具箱 万華鏡>寄席の座布団など 伝統を守り使い継ぐ

2022年3月18日 07時25分

楽屋でネタ帳を持つ七代目席亭の鈴木敦さん=いずれも鈴本演芸場で

 落語は、身体(からだ)ひとつで舞台に出る芸能。目がバチッと覚める派手さはないが、和の根っこのような道具が、律儀(りちぎ)に伝統を守りながら使い継がれている。
 寄席に常備されている道具について、鈴本演芸場(東京・上野)席亭の鈴木敦さんに話をきいた。
 まずは、演目(ネタ)を記録するためのネタ帳から見せていただく。時代劇に出てくる大福帳みたいな形で、表紙には黒々とした筆文字で「演題 大宝恵(おぼえ)」と書かれている。「おぼえ」は、「覚え」にひっかけてある。このネタ帳、三カ月で一冊がいっぱいになるという。どこかから買ってくるんですか?
 「画材屋さんに特注で作ってもらっています。表紙は厚紙、中は和紙。表紙の文字は寄席文字で、橘流に通って勉強している父(前席亭)やスタッフが書いているんですよ」
 道具といっていいのかわからないが、舞台の床も味わいがある。材質は檜(ひのき)。本番中は、寄席囃子(よせばやし)が鳴っているので気付かないが、歩いてみるとキュッキュッと鶯(うぐいす)張りのような音もする。座布団のまわりをよく見ると、少しへこんでいるところがある。これは落語でよくある「こんちわー!」トントントン!と戸を叩(たた)くしぐさをするときに、扇子のおしりで床を叩いて音を出すため。これまで歌舞伎座や能楽堂の床も見たが、釘で打って穴があく、すり足で歩く頻度が高い場所が傷むなど、床も芸能ごとに傷みの理由が異なっているのが面白い。

高座の床。座布団の周辺には、扇子のおしりで叩かれたへこみや手で触った跡など熱演の痕跡が見られる

 驚きが多かったのが座布団。
 まず、色。紫の一色かと思ったら、四色あった。基本は紫だが、演者の着物の色と重ならないようにとか、逆に同じ色を好む人もいるので、様子を見ながら決めているそうだ。
 持ってみると、ぼったりと重く、綿の詰まり具合がまことによい。クッションみたいに、なにか軽いものをぎゅーっと突っ込んだだけではない、本物の座布団なのだ。
 「布団屋の職人さんが作ってくれるんですけど、綿を入れる技術が、すごいんですよ。長く使って擦れたり房がとれたりしたら、職人さんが綿と布、糸を持ってここに来て、その場で直してくれます」

常備している座布団。「作りたての座布団はフワッフワなので、逆に演者が嫌がるんです。前座さんにいっぱい座ってもらって、ならしていくんですよ(笑)」と鈴木席亭

 ちなみに、座布団にも前と後ろがある。三辺が縫ってあり、縫い目のないところが正面。そこをお客さんのほうに向ける。
 「ご縁が切れないようにという縁起かつぎです」
 (伝統芸能の道具ラボ主宰・田村民子)

◆公演情報

<落語協会真打昇進披露興行> 三月下旬から五月にかけて、東京都内五カ所の寄席で開催。鈴本演芸場では、三月二十一日〜三月三十日、午後五時〜八時半。新真打の三遊亭律歌、蝶花楼桃花、柳家風柳、林家はな平が交代でトリをつとめる。予約は落語協会=(電)03・3833・8565。チケットぴあ=http://t.pia.jp/

◆取材後記

お囃子部屋に置かれている大太鼓(奥)と締太鼓(手前)

 寄席は贅沢(ぜいたく)な場所で、音曲は太鼓や三味線、笛などの生演奏。鈴本では舞台下手に演奏のための小部屋があって、年季の入った楽器が置かれていた。大太鼓の胴には「昭和二十六年九月吉日」の文字。制作は神輿(みこし)や楽器の老舗・宮本卯之助商店。毎日打つので、同じところが傷まないように、上席、中席、下席で少しずつ太鼓の位置をずらして使っているという。楽器や座布団の修繕現場もいつか取材してみたい。(田村民子)

関連キーワード


おすすめ情報

伝統芸能の新着

記事一覧