都知事選 宇都宮氏 出馬表明

2020年5月26日 02時00分

宇都宮健児氏

 元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)が二十五日、任期満了に伴う東京都知事選(六月十八日告示、七月五日投開票)に、無所属で出馬する意向を明らかにした。
 宇都宮氏は本紙の取材に「都民の雇用や住まい、生活などを守ることが課題。新型コロナウイルス感染症対策として、医療体制や検査態勢の充実、休業補償を徹底すべきだと訴えたい」と述べた。
 市民団体などから要請を受けて出馬を検討し、国の緊急事態宣言の解除に合わせて表明した。二十七日に記者会見を開く。
 宇都宮氏は二〇一二、一四年の都知事選にも出馬し、いずれも次点で落選。前回の知事選にもいったん出馬表明したが、最終的に野党候補の一本化のため取りやめた。 (松尾博史)

関連キーワード

PR情報