<竿と筆 文人と釣り歩く>「六物記(釣日記)」岡倉天心

2022年3月19日 07時05分

断崖や大小の入り江が続く景勝地・五浦海岸。左は六角堂=いずれも茨城県北茨城市で

◆龍王丸で思索の海へ

 横山大観ら近代日本画の巨匠を育てた一方、インドの詩聖タゴールらと親しく交わり、「アジアは一つなり」の言葉を残した明治の思想家、岡倉天心。そんな知の巨人を写した一風変わった写真がある。
 釣り竿(ざお)と魚籠(びく)を携えて海岸に立つ天心先生。背中にはアザラシの毛皮を背負い、着物はぼろぼろ。頭には道教徒がかぶるような不思議な帽子をかぶり、足元はわら草履だ。明治四十年ごろ、茨城県の五浦(いづら)海岸で撮影されたとされる。

釣り姿の岡倉天心(五浦で、明治40~41年ごろ、茨城県天心記念五浦美術館所蔵)

 「あんまり異様な風体なので、ロシアの密偵ではないかと怪しまれたこともあった。そんなことは意に介さない人なのです」と茨城県天心記念五浦美術館の学芸員、塩田釈雄さん。
 一九〇六(明治三十九)年、天心は新天地を求めて東京から五浦に居を移した。太平洋を見下ろす崖の上に六角堂を築き、思索と読書に明け暮れた。そんな生活の一方で夢中になったのが釣りだった。「岡倉天心全集」(平凡社)の中に、「六物記(釣日記)」が収められている。
 明治四十四年から同四十五年にかけての釣り日記で、メモ書きであったのを弟子の一人が起こしたという。
 これを見ると季節がよいからか九月上旬などはほとんど毎日、沖に出ている。
 「九月六日 豊爺小児病て行く能ハス 千代と籠場ニ出ツ 当らす去る 長浜前ニて投釣す」
 何とか釣りをしようとする悪戦苦闘ぶりがうかがえる。その甲斐(かい)あって、大ヒラメを釣り上げたらしい。
 「豊」「千代」とは地元の漁師の名。「千代」と呼ばれた渡辺千代次は、六角堂のすぐ隣で「船頭料理天心丸」を営む渡辺栄次さん(72)の祖父にあたる。

茨城大学五浦美術文化研究所に展示されている、岡倉天心が設計した釣り船「龍王丸」

 栄次さんによると、天心が残した戯(ざ)れ歌があるという。「鎮守の森の村スズメ。朝にチヨチヨ、夜にチヨチヨ」。若い千代次をお供につれて、朝に夜に海に出ていたということだろう。
 二人が乗った釣り船龍王丸は、修復された実物が茨城大学五浦美術文化研究所に展示されている。基本は和船だが、西洋のヨットにみられる転覆よけのキール、かじ取りのラダーが取り付けられている。天心は米国のボストン美術館に勤務した当時、ヨットの性能を目の当たりにして驚嘆。帰国後に和洋折衷の船を造らせたという。しかし完成から二カ月後、五十歳で病に倒れ、この世を去った。
 栄次さんが祖父から伝えられたという話が興味深い。「先生は沖に行っても竿を出さず、物思いにふけったり、本を読んでいることもあったそうだよ」「魚を取るばかりでは駄目だ。海を豊かにするには山をつくれが口癖だったそうだ」
 夢の龍王丸に揺られ、巨人は思索の海を漂っていたのだろうか。

岡倉天心が祖父渡辺千代次に送った手紙や詩について話す渡辺栄次さん

 近くの大津港で岸壁から釣り糸を垂らしてみた。下手のせいだろうが、あたりすらない。周りに陣取るカレイ狙いの釣り人たちも苦戦しているようだ。
 ぼんやりと沖を見る。
 天心先生の声が聞こえてきそうだ。
 「まあ、茶でも一口すすろうではないか」「はかないことを夢に見て、美しい取りとめのないことをあれやこれやと考えようではないか」(『茶の本』より)
<岡倉天心>(1863〜1913年) 横浜生まれ。美術史学研究の草分け。東京美術学校や日本美術院の創設に貢献。著作に「東洋の理想」「日本の目覚め」「茶の本」など。
文・坂本充孝/写真・田中健
 ※4月からは原則毎月第4日曜日に掲載。次回の予定は4月24日。
 ◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へメールでお願いします。

関連キーワード


おすすめ情報

TOKYO発の新着

記事一覧