<新型コロナ>東京美々卯解雇「救済を」 全6店閉鎖 組合、事業継続訴え

2020年5月23日 16時00分
 名物「うどんすき」で知られる飲食店「美々卯」を関東で展開する東京美々卯(東京都中央区)が全六店を閉鎖して会社を解散する方針を決めたことを受け、従業員でつくる労働組合が二十二日、東京都内で記者会見し、組合員を解雇するなどしたのは不当労働行為に当たるとして、都労働委員会に救済を申し立てたと明らかにした。労組は事業継続を求めている。
 会見に出席した組合員によると、四月十九日、全社員に閉店方針が伝えられた。同社側は詳しい理由を明かさず退職合意書へのサインを迫ってきたという。組合員九人のうち、二人は合意せず解雇された。残り七人はいったんサインし、後に撤回を求めたが拒まれた。
 同社は閉店について「ほとんどの従業員の同意を得て進めてきた。直前になって異議が出されたことは大変残念」とのコメントを出した。
 同社は関西で展開する美々卯(大阪市)がのれん分けする形で一九七三年に設立。東京、千葉、神奈川に計六店舗を展開していたが、十九日にホームページ上で「新型肺炎による業績の落ち込みを受け、このままの継続は困難との判断に至った」と発表。二十日に全店閉店した。関西では営業を続けている。

関連キーワード

PR情報