トヨタが米工場に770億円の追加投資 新型SUV増産

2020年1月18日 16時00分
 【ワシントン=白石亘】トヨタ自動車は十七日、米中西部インディアナ工場に追加で七億ドル(約七百七十億円)の設備投資を行うと発表した。スポーツタイプ多目的車(SUV)「ハイランダー」の生産を昨年秋に旧型から新型モデルに切り替えたことで設備更新の費用がかさんだため。
 トヨタは新型ハイランダーを年四万台増産するため同工場に六億ドルを投じる計画を二〇一七年に公表済みで、投資額は計十三億ドルに増える。新規雇用も当初予定から百五十人増え、計五百五十人となった。これらは二一年までの五年間に、米国で約百三十億ドルを投資する計画の一環に当たる。

関連キーワード

PR情報