柳若、昇也 5月に真打ち 「成金」の全メンバー昇進 「落語界の中心に」

2022年3月25日 07時27分

春風亭昇也(左)と春風亭柳若=東京都内で

 五月に真打ちに昇進する柳若(りゅうじゃく)改め春風亭柳雀(りゅうじゃく)(50)と春風亭昇也(しょうや)(39)が東京都内で会見した。社会人を経て三十七歳で瀧川鯉昇(りしょう)(69)に入門した柳若は「替えの利かない落語家を目指したい」、漫才師から転身の昇也は「軽さを出せる噺(はなし)家になれれば」と意気込んだ。
 ともに落語芸術協会の人気二つ目ユニットだった「成金(なりきん)」(二〇一九年解散)のメンバーで、二人の昇進で十一人全員が真打ちに。「落語界の中心が『成金』と言われるよう励みたい」(柳若)と話す。会見には昇也の師匠の春風亭昇太(62)、「成金」で真打ち一番のりの柳亭小痴楽(33)らが同席した。
 東京・新宿末広亭(五月一〜十日)を振り出しに披露興行が行われる。 (ライター・神野栄子)

関連キーワード


おすすめ情報