沼津市 市制100周年 ロゴマークとキャッチフレーズ募集

2022年3月26日 07時16分

沼津市制90周年記念のロゴマーク。この時も公募した(市提供)

 沼津市は市制百周年(来年七月一日)に向け、ロゴマークとキャッチフレーズを募集すると発表した。「沼津市を愛する人」なら誰でも応募できる。最優秀作品二点には賞金二十万円が贈られる。四月一〜二十八日に応募を受け付け、選考結果は七月一日に発表される。
 沼津市は一九二三年七月一日、旧沼津町、楊原(やなぎはら)村が合併し誕生。県内では静岡、浜松市に次ぐ三番目の市。その後も周辺町村との合併を経て二〇〇五年、旧戸田村との合併で現在の市域となった。
 ロゴとキャッチフレーズは一人三点まで応募できる。百周年に向けた事業の趣旨の「先人たちへの感謝と敬意」「誇りと愛着」「市民との協働」「次の百年への新たな一歩」に沿い、未発表作品などが条件。ロゴは「沼津」「ぬまづ」「ヌマヅ」「NUMAZU」「Numazu」のいずれかの文字を記載し、応募用紙の縦横十五センチの枠内に描く。キャッチフレーズは二十文字程度が理想だ。
 市職員らを中心に一次選考で各四点に絞る。二重投稿や著作権に抵触しないかをチェックする。その後、一般投票を実施し、結果を基に最優秀作品を決める。
 応募用紙は市ホームページから入手可能。市役所や市立図書館でも配布する。作品説明や市への思い、住所、氏名、年齢、電話番号を記し、郵送かメールに作品を添付して提出する。(渡辺陽太郎)
<作品の応募先>
(1)郵送 〒410−8601 沼津市御幸町16の1 沼津市役所政策企画課市制100周年記念事業推進室
(2)メール 100th@city.numazu.lg.jp

関連キーワード


おすすめ情報

静岡の新着

記事一覧