ゆうちょ銀ATM送金 初回から有料 通帳の再発行も 4月から

2020年1月11日 16時00分
 ゆうちょ銀行は十日、同銀の口座間送金「電信振替」で、これまで月一回まで無料だった現金自動預払機(ATM)による送金を初回から有料化すると発表した。無料だった通帳や貯金証書の再発行料金も千百円とする。料金改定は四月一日から。低金利環境の長期化に伴う収益悪化や、事務コストの増大に対応する。
 ATMによる電信振替は、利用回数にかかわらず一回当たり百円にする。これまでは月一回は無料で、二回目以降は百二十五円だった。千数百万人の利用客が料金改定の影響を受けるという。
 一方でインターネットバンキングによる電信振替は、月六回目以降の料金を百十五円から百円に値下げする。五回まではこれまで通り無料。窓口での送金は一回百四十六円で変わらない。
 通帳の余白がなくなった場合の繰り越しは再発行料金の対象外とする。

関連キーワード

PR情報

経済の最新ニュース

記事一覧