ファスティング 2泊3日で心身爽快

2022年3月30日 07時23分

初日と最終日に行うボディーチェック。身長・体重、体組成測定、毛細血管の血流などを確認する

 コロナ太りに追い打ちをかけられた中年体形から解放されたい。運動や食事に気を配っても一向に悩みは解決しない…。
 ファスティング(断食)が人気上昇中とあり、2泊3日のホテルプランを体験した。固形物をとらずに胃腸を休ませることで、体内のデトックス(解毒)を促し、免疫力を上げるものだ。
 コースは初心者向け「ベーシック」と、栄養価が高い植物性発酵飲料の酵素をとり入れ内臓美を追求する「エステプロ・ラボ」があり、自分は後者を選んだ。
 【初日】この日のランチはいつも通りに済ませた。チェックイン直後にカウンセリングと身長・体重測定をし、体組成計で体脂肪量や筋肉量などを確認する。夕食は準備食として栄養バランスの良いオートミール粥(がゆ)がでた。
 【2日目】朝・夕食は、酵素飲料のみ。昼食はオートミール粥。そして、この日は1日2リットル以上の水分を摂取する。ホテル内には、ルイボスティーやごぼう茶などノンカフェイン飲料が入る電気ポットがあり、マイボトルに何度でも入れて持ち歩きながら水分をたっぷりとれるようになっている。

2日目の朝食。酵素飲料20ミリリットルとノンカフェイン飲料など水分のみ

 【最終3日目】朝食は回復食のオートミール粥。その後、初日と同じ内容のボディーチェックをし、データを比較後、午前中に終了となる。
 「直後の内臓は、固形物をとらなかったことによりお休みモードです。腸はスポンジ状態で良いものも悪いものもたくさん吸収します」とホテルのスタッフ永田千穂さん。肉や魚、お菓子、砂糖、酒、たばこは禁物。お薦めは発酵食品の味噌(みそ)や納豆などで、「最低2〜3日間は頑張ってください」と念を押された。
 「美食にありつけず、ひとり森の中のホテルで2泊…」。正直最初は迷っていたが、不安だった空腹感もなく、終わってみたら体重など数値減の喜びよりも「心と体が研ぎ澄まされた」と実感。一時的だが体内にあった滞留物などが排出され、ヨガと瞑想(めいそう)プログラムの効用もあり、心身共に余計なものから解き放たれた感覚だ。日常的にファスティングをやってみよう、とやる気がみなぎった。 (新井すずみ)
 ◇
 「エステプロ・ラボ」(2泊3日、5万5000円〜)。ファスティングホテル 小谷流の森。千葉県八街市小谷流647。(電)043・308・4436

関連キーワード


おすすめ情報