盛り土 不備・不具合、県内は193カ所 県東部が目立つ結果に

2022年3月31日 07時10分
 政府が全国を対象にした盛り土の総点検で、静岡県は県内市町別に不備・不具合のあった盛り土の数を公表した。富士市と富士宮市の各二十四カ所で最多となるなど、県東部が目立つ結果となった。
 次いで沼津市の二十三カ所、御殿場市と静岡市の各十六カ所。県の担当者は「首都圏から近く高速道路付近に山地があるなど土砂が運びやすく、不適切な盛り土をしやすい可能性がある」と話した。県は事業者に是正指導などをしている。
 県が点検した盛り土は計千六百五十カ所。災害対策が不十分だったり申請に不備があったりするなど不備・不具合があったのは計百九十三カ所だった。

関連キーワード


おすすめ情報