桐生でアジサイの出荷続々

2022年4月2日 08時05分

色とりどりに咲くアジサイ=いずれも桐生市黒保根町で

 全国屈指のアジサイの産地という県内では、桐生市黒保根町下田沢の農事組合法人「ニキフルール」で、生産者がアジサイの出荷作業に忙しい。育てているのは、鉢に植えた小さめのアジサイで、出荷は五月初めごろまで続く。主に首都圏や愛知県などの市場に出荷する。
 ハウス内で咲き誇るアジサイは、青やピンク、水色など。同法人が開発し、去年から本格的に出荷を始めた品種「アメリア」は、ピンク色と緑色の花と個性的だ。法人の仁木周平代表理事(44)は「さまざまな色の花があり、ぜひ見比べてほしい。丈夫なので庭に植えても長く楽しめる」と話している。(池田知之)

関連キーワード


おすすめ情報