切り開き、歩み続けた「まんが道」 藤子不二雄Ⓐさん死去 ブラックユーモア効かせた「大人向け」でも活躍

2022年4月7日 18時53分
「まんが道」について語る藤子不二雄Ⓐさん=2013年6月、東京都内で

「まんが道」について語る藤子不二雄Ⓐさん=2013年6月、東京都内で

<評伝・藤子不二雄Ⓐさん>
 「なろうなろう明日なろう明日はひのきになろう」。亡くなった藤子不二雄Ⓐ(安孫子素雄)さんの自伝的漫画「まんが道」には、井上靖の青春小説「あすなろ物語」の一節が引用されている。アスナロの木はいつかヒノキになりたいと願っても永遠にかなうことはない。だが、安孫子さんは「無理だと分かっていても上を向けば、そこに力がわく」と話していた。安孫子さんにとってのヒノキは手塚治虫さん。その後継者の1人として、藤子・F・不二雄(藤本弘)さんと漫画史を切り開いた。
 児童漫画家として出発した2人だが、安孫子さんは30代に入ると悩み始めた。「年齢を重ねると純粋な気持ちで子ども漫画を描くのが難しくなった」。既に作品ごとにそれぞれが描くスタイルが定着。ドラえもんの大ヒットを横目で見ながら「このままでは藤本氏のマネジャーになるしかない」と悩んだ。そんな時、青年向けの漫画誌が登場。「ブラックユーモア」路線をはじめとした大人漫画に活路を見いだした。
 「僕は人間が好きなんです」と語る。1人で海外旅行に出掛けて現地の人たちと交流したり、お酒やゴルフなどを通じ友人たちと大騒ぎするのが好き。作家の吉行淳之介さんやタレントの大橋巨泉さん、歌手の井上陽水さんら友人も幅広く、私生活での経験を漫画に生かしたケースも多い。アニメ作家の鈴木伸一さんは「行きつけのスナックでは、よく下手なカラオケを歌った。店のママから『ジャイアン』と呼ばれて。でも、うれしそうで、僕も楽しくなった」と語る。
 想像力を膨らませ、子ども漫画を描き続けた藤本さんを「僕なんてとても及ばない天才」とたたえたが、幅広いジャンルに分け入って漫画の裾野を広げたのは、安孫子さんだからこそ。
 「まんが道」は、こんな書き出しで始まる。「これはまんがの持つ不思議な魅力にとりつかれ、まんがに自分の未来を賭けて、まんが道という、終わりのない道へ踏み込んだある、ふたりの少年の物語である」。晩年までペンを握り続けた人生はこの言葉の通りだったと思う。(森本智之)

関連キーワード


おすすめ情報