0歳から楽しめる演奏会 東京交響楽団が29日にミューザ川崎で

2022年4月10日 14時38分

東響交響楽団と「ズーラシアンブラス」が共演した2018年の演奏会=幸区のミューザ川崎シンフォニーホールで(東京交響楽団提供)

 東京交響楽団(東響)は二十九日、赤ちゃんや子どもも楽しめる演奏会「0歳からのオーケストラ」を川崎市幸区のミューザ川崎シンフォニーホールで開く。新型コロナウイルスの影響で過去二年は中止を余儀なくされ、三年ぶりの開催。「大型連休に遠出しづらい状況だからこそ、地元で家族そろってクラシック鑑賞を」と呼び掛けている。(北條香子)
 東響は二〇〇二年に川崎市とフランチャイズ契約を締結。市内巡回公演で未就学児向けコンサートを求める声を聞いたのをきっかけに、〇七年にプロオーケストラでは初めて、ゼロ歳児から入れる演奏会を開催。「子どもたちが人生で初めて触れるオーケストラになる責任は重大」と楽団員の思い入れも強いという。
 一九年は同ホールの改修工事のため、カルッツかわさきで開催。コロナ禍の中止も加わり、ミューザ川崎での開催は四年ぶりとなる。子どもたちが飽きないよう、アンダーソンの「舞踏会の美女」など、演奏時間が比較的短い名曲を中心に披露。オカピやマレーバクなど動物園の人気者たちの金管五重奏「ズーラシアンブラス」も共演する。
 休憩なし約七十分で、十一時〜と十四時半〜の二回。大人三千五百円、中学生以下千五百円(膝上の二歳以下は無料)。おむつ交換室と授乳室が設けられ、ベビーカーを預けることも可能。問い合わせは東響のチケットセンター=電044(520)1511=へ。

関連キーワード


おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧