<新型コロナ>神奈川県で4117人感染、3人死亡 病院などでクラスター8件 

2022年4月12日 17時53分
 神奈川県内で12日、新型コロナウイルスに感染した80、90代の3人の死亡と、新たに4117人の感染が判明した。県と6市の保健当局が発表した。
 横浜市は2人の死亡を発表。保土ケ谷区の80代男性はクラスター(感染者集団)が発生した介護老人保健施設の入所者。末期の肝臓がんを患っており、クラスター発生を受けて5日に検査を受けたが、同日がんのため亡くなった。翌6日に陽性が判明した。
 保土ケ谷区の90代女性は4日に入所先の高齢者施設で呼吸状態が悪くなり、救急搬送され入院。陽性が判明し、翌5日に亡くなった。
 藤沢市は市外の80代女性の死亡を発表した。クラスターが発生した高齢者施設の入所者で、3月15日に発症し同日入院、4月10日に死亡した。
 発表された新規感染者数は横浜市1869人、川崎市803人、県601人、相模原市284人、藤沢市249人、横須賀市169人、茅ケ崎市142人。クラスターは病院などで新たに計8件認定された。

おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧