<コロナ 医療を守ろう>PCR検査、都内10カ所に 月内にも 医師会、自治体連携

2020年4月18日 02時00分
 新型コロナウイルスの感染者の急増を受け、東京都医師会は十七日、都内にある四十七の地区医師会と地元自治体がそれぞれ協力し、感染疑いがある人を検査する「PCRセンター(仮称)」を順次、各地に設置すると発表した。感染者を早期に発見することで、感染拡大防止を図る。今月中にも新宿区、杉並区など十カ所程度で開設する見通しという。 (松尾博史)
 各医師会の開業医らがPCR検査に協力し、検査業務などに追われる保健所や大規模病院の負担を緩和する狙いもある。杉並、新宿両区以外の設置予定は、各地区が個別に発表するという。都医師会によると、「かかりつけ医」と呼ばれる地域の医師らが、感染の疑いのある人からの電話に対応し、必要に応じて診察。「感染の可能性が高い」と判断した場合にPCRセンターに連絡する。これまで疑い例の相談などは、保健所が中心となって受けていたが、地域の医師がこれまで以上に窓口的な役割を果たすという。
 PCRセンターでは医師会の医師や看護師、事務職員が一組になり、検体を採取。感染が確認された場合には保健所に連絡し、保健所が症状に応じて入院や宿泊施設・自宅での療養を調整する。
 各センターの設置場所は、医療機関の敷地内にテントを設けたり、自治体の施設を借りたりする方向で検討。各医師会が検査に協力できる医師を募っており、複数の医師会が連携してセンターを設置する場合もある。
 尾崎治夫会長は「相談窓口への電話はつながらず、病院の病床は満杯で、PCR検査が(十分に)できない状態になっている。感染の疑いのある人を拾い上げて整理しないと、感染の予防もできない状態につながる」と指摘。その上で「感染のスピードが収まらないと、いくら病床や宿泊施設を用意し(医療従事者が)診ても追いつかない。人と人の接触をやめてほしい」と呼び掛けた。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧