みんなしあわせ。 兄妹アーティストKANTA&KAEDE

輪島貫太&楓・母 著


1,540円(本体1,400円+税10%)
A5判 並製 184ページ オールカラー
9784808310714

泣いて、悩んで、動いて、笑って、喜んで。
自閉症アーティスト2人の「個育て」の記録

たくさんの人が登場し、その人たちがみんな幸せそうに笑っている̶
そんな絵を描く少年がいます。金沢市に住む15歳の輪島貫太さんです。
妹の楓さんも、見る人の気分を明るくする、色とりどりの切り絵を作り
ます。2人の作品は、公共のイベントや施設、企業とのコラボなど、い
ろいろな場面で使われ始めています。
2人は幼いころ自閉症の診断を受けました。自閉症には、自分の気持ち
をうまく伝えることや、他人の言葉の意味を理解するのが苦手という特
徴があります。
母親の満貴子さんは戸惑いながらも、2人の行動や態度を特性ととらえ
て向き合い、その中にある個性を伸ばす「個育て」をしてきました。
「この世界は楽しく、人はみな、たった1人のかけがえない存在」
2人の作品と存在は、そう私たちに伝えてくれるかのようです。
この本は、そんな2人の作品を多く収録するとともに、才能の芽を見つ
け、伸ばそうと奮闘している母親の「個育て」の軌跡です。