「被害者ノート」に救われた…池袋暴走事故の遺族松永拓也さん「怖かった未来」に差した明かり

2022年4月18日 06時00分

自身の被害者ノートを手に経験を話す松永拓也さん(左)と発案者であいの会代表の小沢樹里さん=2月26日、東京都豊島区東池袋で(中西祥子撮影)


 2019年4月に東京・池袋で起きた乗用車暴走事故の直後、死を考えるほどの絶望感に襲われた遺族松永拓也さん(35)が、生きる意味を見いだすきっかけになったノートがある。犯罪や事故の被害者らが経験することをまとめた「被害者ノート」だ。有志がつくったこのノートを参考にする自治体も増え、支援の充実が図られている。今月19日で事故発生から3年になる。(福岡範行)

被害者ノートの中で、松永拓也さんが役立ったと話した刑事裁判のアウトライン

◆「どうか1人で抱えないで下さい」

 松永さんがノートと出合ったのは事故から1カ月余り過ぎた後。「関東交通犯罪遺族の会」(あいの会)の代表小沢樹里さん(41)から「どうか1人で抱えないで下さい」という手紙とともに郵送されてきた。A4判100ページには、司法手続きの流れやマスコミ対策、役所での手続き一覧表などが詳しく載っていた。
 妻真菜さん=当時(31)=と長女莉子ちゃん=同(3つ)=を突然失い、「『将来こうしたいな』が一気になくなる。先が真っ暗になった」という松永さん。ノートを通じて支援者の存在を知り、刑事裁判の流れを学ぶことができたことで、何が起きるか全く分からなくて怖かった未来に「少し明かりが照らされた気持ちになれた」。
 当時の大きな悩みは、マスコミへの恐怖心。事故5日後の記者会見でも記者の目を見られずにうつむいていた。一方、被害者ノートには「社会に向けて訴えかけられます」などと報道のプラス面も書かれていた。

被害者ノートについて話す松永拓也さん

 小沢さんに相談すると、記者と一対一で会うことを勧められた。19年6月、本紙記者と互いの事故防止への思いを語り合った。感想をノートに書いた。「真面目そう。記者も人間だった」。さまざまなメディアの取材依頼に積極的に応じていく転機になった。
 気持ちが沈んだときも、ノートに助けられた。松永さんは涙が出なくなった時期があり、「自分はすごく非情な人間なのか」と悩んだ。そんな時、ページの端に書かれた過去の被害者、遺族らからの「30字コメント」が目に留まった。「泣けないこともあります」。その一言に救われた。「実務的なことだけじゃなく、混乱する心とも向き合える。すごくバランスがいいなと思いました」
 隣のページには「あなたは、起きたことを自分でどう思いますか?」との質問も。松永さんは「もうこんな思いを誰にもしてほしくない」とだけ書いた。事故直後からずっと変わらない信念だ。あいの会にも参加し、国土交通省などへの要望やオンラインの対話イベントに取り組む。事故防止活動が、新たな生きる意味になった。

一行だけ記された松永拓也さんの被害者ノート

◆苦しみ知るから伝える助言と励まし

被害者ノートについて説明する発案者の小沢樹里さん

 被害者ノートは、東京都中野区で開かれていた犯罪被害者や遺族、家庭内暴力(DV)被害者、支援者らの勉強会を母体にした任意団体「途切れない支援を被害者と考える会」が、2012年3月から2年余りかけて作った。小沢樹里さんも中心メンバーの一人だ。
 内容は、小沢さんの発案を土台にし、被害者や遺族らの体験を踏まえて練り上げられた。例えば、被害者の個人情報や家族関係、事件当日の情報を書き込むページは、警察や役所で同じ説明を繰り返すつらさを減らすために設けた。
 小沢さんは、飲酒運転事故で義理の両親を亡くしたことに伴う住民票や年金、土地の手続きなどで夫と一緒に苦しんだ。「人一人を書類上で消していく作業だけでも苦しいのに、なんでこんなに説明をしなきゃいけないんだろう」。児童手当を廃止する人の場合、出生届を出す人たちの隣の窓口で説明しながら泣いてしまうケースも多いという。

手続きの一覧表が載った被害者ノート

 このほか、亡くなった家族の形見が警察に押収された場合の対応など、当事者でしか分からない悩みへの答えも多く含まれる。
 ページの下部には「お子さんのお世話の心配、支援員に伝えてみましょう」「涙が出るのは生きてる証拠」など、被害者、遺族の助言や励ましの言葉が並ぶ。
 警察庁が犯罪被害者白書で紹介し、自治体が地元の支援情報を盛り込んだノートを作る動きも広がる。東京都は20年に制定した犯罪被害者等支援条例に基づき、小沢さんらの意見を聞きながら「Tokyo被害者支援ノート」を作成。今月から活用を始めた。
 困りごとを書く欄には「外出できない」などの例をリストで掲載。行政の相談窓口の支援員が被害者らと一緒に考えながら、支援が必要なことを掘り起こせるように工夫している。
 「途切れない支援を被害者と考える会」のノートの問い合わせは、会のメールアドレス=nakanobenkyokai@yahoo.co.jp=へ。都のノートは公式サイトで入手できる。

おすすめ情報

社会の新着

記事一覧