栃木市長選 大川さん再選「市民の命 暮らし守る」

2022年4月19日 07時56分

再選が決まり、支持者に祝福される大川秀子さん=栃木市で

 任期満了に伴う栃木県栃木市長選は十七日、投開票が行われ、無所属現職の大川秀子さん(74)=自民、公明推薦=が、無所属新人の宇都宮大名誉教授高際澄雄さん(73)を一万五千六百六十二票差で破り、再選を果たした。投票率は52・14%で、四年前(58・54%)を6・4ポイント下回った。(梅村武史)
 「市民の命、暮らしを守る。若い人が住みたい、子どもを生みたい、と思う市をつくっていく」。当選が確実となった同日午後十時、勝利に沸く支持者を前に大川さんは二期目の抱負を語った。二〇一九年の台風19号からの復旧復興、続くコロナ禍対応に追われた四年間。「復興は道半ば」と繰り返し、市政継続の重要性を訴え続けた。
 民間企業が市施設内に建設したサッカー場に市が公園使用料、固定資産税を免除した問題がクローズアップされた選挙戦。組織力で圧勝が予想されたが、四割近い票が対立候補に流れた。
 当選から一夜明けた十八日朝、大川さんは選挙結果を改めて振り返り、「市民は厳しい目で見ている。その声を拾い上げたい」と語った。
 現市政に疑問を持つ市民団体のメンバー高際さんは一月中旬、急きょ出馬を決め、草の根選挙を展開したが届かなかった。「私への熱い支持は今後、新しい市をつくる基礎になる」と敗者の弁を語った。
 定数二減となった同市議選(定数二八)も十七日投開票され、新議員が決まった。当日有権者数はともに十三万三百六十四人。

◆確定得票

当 41,221 大川秀子 無現<2>
  25,559 高際澄雄 無新 

◆栃木市議選 新議員決まる
 栃木市議選確定得票(定数28−候補30)

当 3,439 小堀良江 自現
当 3,105 中島克訓 無現
当 2,973 松本喜一 自現
当 2,915 針谷正夫 無現
当 2,724 小平啓佑 無現
当 2,668 小太刀孝之 無新
当 2,531 青木一男 無現
当 2,528 氏家晃 無現
当 2,427 浅野貴之 無現
当 2,411 大阿久岩人 自現
当 2,365 福富善明 無現
当 2,341 古沢ちい子 公現
当 2,312 坂東一敏 無現
当 2,213 小久保かおる 公現
当 2,204 福田裕司 無現
当 2,203 関口孫一郎 無現
当 2,124 川田俊介 無新
当 2,098 白石幹男 共現
当 2,066 雨宮茂樹 公新
当 2,005 梅沢米満 無現
当 1,986 内海成和 無現
当 1,966 針谷育造 無現
当 1,957 広瀬義明 無現
当 1,851 市村隆 無新
当 1,817 天谷浩明 無現
当 1,770 森戸雅孝 自現
当 1,762 大浦兼政 自現
当 1,626 大谷好一 自現
  1,369 川上均 共現
    395 小室準 無新

関連キーワード


おすすめ情報