尾上右近が弁天小僧に挑む 「こりゃてえへんだ!」

2022年4月22日 07時36分

弁天小僧菊之助を演じる尾上右近=東京・歌舞伎座で

 「団菊祭五月大歌舞伎」第3部の「弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)」では、「知らざぁ言って聞かせやしょう」の名文句で知られる大胆不敵な盗賊、弁天小僧菊之助に、尾上右近(29)が挑む。初演は高祖父の五代目菊五郎で、その遺徳をしのぶ公演での大役に「こりゃてえへんだ、と思っています」。ただ、五代目は数え19歳で演じているため大きく出遅れているとして「急ぎますよ」と気合十分だ。
 本興行では「初役」の位置付けだが、3年前の自主公演で演じたことはある。その時は「気持ち良くやるまではたどりつけず、悔しかった」だけに今回に懸ける思いは強い。千秋楽翌日が誕生日で20代最後の舞台でもあり、「童心は大事にしたいが、引っ張っていく存在にならなければ」と語る。 (谷岡聖史)

関連キーワード


おすすめ情報