<新型コロナ>神奈川県で2834人感染 6日連続で1週間前を下回る

2022年4月22日 18時29分
 神奈川県内で22日、新たに2834人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。県と6市の保健当局が発表した。新規感染は1週間前より1097人少なく、6日連続で1週間前を下回った。死亡者の発表はなかった。
 横浜市は1017人の感染を発表。新規クラスターは3件。新横浜リハビリテーション病院(神奈川区)、介護老人保健施設、障害者通所施設で認定された。
 県は598人の感染を発表した。新規クラスターは1件で、小田原保健福祉事務所管内の高齢者福祉施設で認定された。
 川崎市は690人、相模原市は198人、藤沢市は157人、横須賀市は124人、茅ケ崎市は50人の感染を発表した。
 また、県は3月3日~4月15日の公表分で、事務処理ミスによる感染者の重複が34人分あったと発表した。すべて平塚保健福祉事務所秦野センターからの報告分。秦野市25人、伊勢原市6人、平塚市、厚木市、海老名市各1人を取り下げた。
 県によると、毎日公表する感染者数は、医療機関が政府の情報共有システム「HER―SYS(ハーシス)」に直接入力する数と、FAXで送られてくる発生届の数を各センターで合算しており、FAXで受け取った分は公表後に順次ハーシスへ入力しているが、秦野センターでは、公表済みで後日入力された分も新規感染者として合算している場合があった。県は、年度替わりで新たな応援職員も多く、作業の引き継ぎが不十分だったとしている。

おすすめ情報